読みやすいサイト設計を!HTMLで段落分けを行う方法【初心者向け】

初心者向けにHTMLで段落分けを行う方法について解説しています。サイト内の文章を読みやすくするために段落は非常に重要です。実際にソースコードを書きながら説明しているので、HTMLに慣れていない方でもすぐ理解できるはずです。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

HTMLで文章を記入していると段落分けをしたい場面が出てくることがあると思います。段落分けを効果的に使用することができれば、ユーザーにとって読みやすい文章を作成することができます。

今回はHTMLで段落分けを行う方法について解説していきたいと思います。

HTMLについてそもそもよく分からないという方は、HTMLとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebデザインオンラインブートキャンプのカリキュラムをもとに執筆しています。

 

大石ゆかり

そもそも段落ってなんでしたっけ?空白が空いていたら段落なんですよね?

田島悠介

文が集まると文章になるよね。異なる文章と文章の前後を区切るのが段落なんだよ。

大石ゆかり

すいません、初歩的なことを聞いてしまって。

田島悠介

検索エンジンは、画像や動画があってもどんなものなのか判断できないんだ。そのためテキストが重要になってくるんだ。なので、テキストに関連する段落は重要だよ。

 

段落分けを行うタグとその書き方

段落分けは<p>タグを使用することで可能になります。

<p>段落分けします</p>

段落分けの幅はCSSの設定にもよりますが、一行から1.5行分の空白が取られるのが一般的です。段落タグとよく似たものに<br>タグというものがあります。

<br>タグは改行タグと呼ばれ、改行を行うためのタグです。この<br>タグを複数使用することで、段落タグを擬似的に再現することもできます。

しかし、SEO(Search Engine Optimization)的に良くないことと、ソース的にも余分なソースが増えてしまいます。

改行タグはあくまで改行として使用し、<p>タグとの使い分けをしっかり行うようにしましょう。

 

実際に書いてみよう

それでは実際に段落分けを行っていきましょう。

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="utf-8">
  </head>
  <body>
    <p>段落をします</p>
    <p>上に行間が開きます</p>
  </body>
</html>

サンプルの通り書くと段落分けを行うことができます。

また、CSSで以下のように指定すると、行間の広さを変更することができます。

line-height: 10px;

上の例の場合行間は10pxに設定されます。

 

[PR] Webデザインで副業する学習方法を動画で公開中

まとめ

今回はHTMLで段落分けを行う方法について解説していきました。

段落分けを行う<p>タグと、改行を行う<br>タグは、似ているようで、最初は使い分けが難しいと感じるかもしれません。

しかし、やっていく内にどんどん使い方がわかってくるので、しっかり理解を深めて行くようにしましょう。

 

大石ゆかり

pタグを覚えました♪単に空白を開けたい場合はbrタグでいいんですか?

田島悠介

細かいけど、brタグは行中の改行タグなんだよ。

大石ゆかり

行を途中で改行するためのタグなんですねー。

田島悠介

完全に書く必要はないと思うけど、単なる空白はスタイルシート(CSS)が推奨されてるんだ。

 

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でもオリジナルWebサイトを公開できるWebデザインオンラインブートキャンプを開催しています。

独学に限界を感じたら…テックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 独学に不安を抱えている方へ、現役エンジニア講師とマンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう 厳しい試験を通過した講師 があなたの相談に真摯に向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているがプロの話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料で予約する