【レポートに使える!】Word(ワード)で文字数をカウントする方法

Word(ワード)で文字数をカウントする方法を解説した記事。初心者向けに、作成した文章の文字数の表示の仕方から、指定した範囲内の文字数の表示方法、瞬時に文字数を表示できるショートカットキーなどを紹介しています。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Word(ワード)で文字数が指定された書類やレポートを作成するとき、自分がどのくらいの文字数を書いたのか、把握しておきたいものですよね。

今回は、初心者でも簡単に自分が書いた文字数を知ることができる、お役立ちツールをご紹介します。

 

なお本記事は、KiRAMEXのオンライン完結のWord(ワード)講座の内容をもとに紹介しています。

 

目次

 

Word で文字数をカウントする方法

書類やレポートなどを作成する際に、自分がどれぐらいの文字数を書いたのかを数える必要が生じることがあります。
ですが、自力で1文字ずつ数えるとなると大変です。
そこで、今回はWord で文字数をカウントする方法を解説していきます。

Word で文書を開き、上のツールバーの[校閲]をクリックします。

すると、ツールバーの表示が切り替わりますので、[文字カウント]をクリックしましょう。

このようにして、文書の文字数をカウントすることができます。

画像では「文字数」と「単語数」が同じになっていますが、文書内に「半角英数字」があると「文字数」と「単語数」が異なる場合があります。
これは、数字の「345」や英単語「Word」などのように、半角英数字の連続したものが単語として認識されるためです。

純粋な文字数は「文字数」に表示されている数字ですので、注意してください。

 

[PR] プログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

文字カウントを一瞬で表示できるショートカットキー

ツールバーから[文字カウント]を呼び出さなくても、文字カウントを一瞬で表示するショートカットキーがあります。

キーボードの「[Ctrl] + [Shift] + [G]」を押すことで、文字カウントが表示されますので、覚えておくと良いでしょう。

 

指定した範囲内の文字数をカウントする方法

文書の全体ではなく、指定した範囲内だけの文字数をカウントする方法もあります。

文書の中で文字数を知りたい部分をドラッグし、その状態でツールバーから[校閲]→[文字カウント]をクリックするか、
もしくは、キーボードの「[Ctrl] + [Shift] + [G]」(ショートカットキー)を押します。

そうすることで、指定した範囲内の文字数をカウントすることができます。

書類やレポートなどを作成する際、段落ごとの文字数が指定されている場合に活用したい機能ですね。
いかがでしたでしょうか。

文字数の把握は、文章作成のモチベーションにも繋がります。
この機会に是非ショートカットキーも覚えて、作業スピードを格段にアップさせましょう!

[お知らせ]KiRAMEXでは初心者でも最短4週間でWord(ワード)が使えるようになるオンライン完結のWord(ワード)講座を開催しています。Wordを仕事に活かしたい方はぜひご覧ください。