【出欠確認に使える!】Excel(エクセル)でチェックボックスを作成する方法

Excel(エクセル)初心者向けに、アンケートや出欠確認などで使える、エクセルでのチェックボックスの作り方を紹介。チェックボックスを作成する方法だけでなく、そのチェックボックスを利用して集計する方法も紹介しています。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Excel(エクセル)は、統計的分析だけでなく、請求書などの書類発行やアンケートなどにも利用可能で、とても便利です。

ここでは、アンケートなどに便利なチェックボックスの使い方を紹介します。

 

なお本記事は、KiRAMEXのオンライン完結のExcel(エクセル)講座の内容をもとに紹介しています。

 

目次

 

<作成前に> [開発]タブを表示する

チェックボックス作成の具体的な操作に入る前に、チェックボックスを作成する上で必須な[開発]タブの表示方法を説明します。

まず、[ファイル]タブをクリックします。

ファイルをクリック

[オプション]をクリックしてください。

チェックボックス2

そうすると、[Excel のオプション]ダイアログボックスが表示されます。
左枠の[リボンのユーザー設定]をクリックしてください。

チェックボックス3

右枠の「開発」にチェックを入れて、[OK]を押します。

チェックボックス4

これで、チェックボックスの作成に必要な[開発]タブが表示されました。

チェックボックス5

 

[PR] プログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

チェックボックスを作成する方法

まず、[開発]タブをクリックして開き、[挿入]をクリックしてください。

チェックボックス6

そうすると、選択肢が表示されますので、[チェックボックス]をクリックしましょう。

チェックボックス7

そして、Excelシート内の任意の場所を左クリックしてみると、チェックボックスが表示されるはずです。
表示されたチェックボックスは、ドラッグ&ドロップで移動できますので、チェックボックスを表示したい場所に移動させてください。

チェックボックス8

 

チェックボックスを利用して集計する方法

チェックボックスにチェックがいくつ入っているかを数える方法を紹介します。
ただ、チェックボックス自体を使ってのカウントはできません。

なので、

  1. チェックボックス内のチェックの有無を、指定したセルにリンクさせる

  2. それらのセルの中からチェックが入っているものを、関数を使って集計する

という方法をとります。

チェックボックスを右クリックし、表示されたコンテキストメニューにある、[コントロールの書式設定]をクリックします。

チェックボックス9

表示された[コントロールの書式設定]ダイアログボックスの、[コントロール]タブをクリックして開きます。
そして、下の画像の赤枠で囲まれているボタンを押してください。

チェックボックス10

そうすると、下の画像のように、ダイアログボックスは小さく表示されます。

リンクするセルとして指定するセルは任意です。
例えば、チェックボックスの右のセルを指定するとしましょう。

チェックボックス11

指定が終わると、[コントロールの書式設定]ダイアログボックスに反映されるので、[OK]を押してください。

チェックボックス12

この作業により、チェックボックスにチェックが入っていれば「TRUE」、入っていなければ「FALSE」で表示されます。
この「TRUE」・「FALSE」を、COUNTIF関数を用いて集計していきます。

チェックが入っている数(「TRUE」)を数えるので、「=COUNTIF(,TRUE)」という数式を入れてください。

チェックボックス13

そうすると、チェックボックスにチェックが入った数をカウントできます。

チェックボックス14

 

以上、Excel でのチェックボックスの作り方を紹介しました。
これに合わせて、プルダウンリストの作り方もマスターすれば、本格的なアンケートが作れるようになりますよ!

[お知らせ]KiRAMEXでは初心者でも最短4週間でExcelが使えるようになるオンライン完結のExcel(エクセル)講座を開催しています。Excelを仕事に活かしたい方はぜひご覧ください。