【超便利!】Excel(エクセル)でカレンダーを作成する方法

Excel(エクセル)初心者向けに、Excelでカレンダーを作成する方法を、画像付きでわかりやすく紹介。関数を駆使することで、ずっと使えるカレンダーを簡単に作成できます。この記事を読んで、世界でたった1つのカレンダーを作ってみましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

Excel(エクセル)で、年中使えるカレンダーを作りましょう。

今回は、年と月を入力すると、その月が自動で表示されるカレンダーを、Excel で作ります。
一度作成すると永久に使えます。

 

なお本記事は、KiRAMEXのオンライン完結のExcel(エクセル)講座の内容をもとに紹介しています。

 

目次

 

STEP1.レイアウトを作成する

罫線を引き、曜日を入力します。
行間を整えて、カレンダーのレイアウトをしましょう。
セル A1 が年、セル C1 が月の入力欄です。

1

 

[PR] プログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

STEP2.DATE 関数で日付を取得する

2016年7月のカレンダーを作成してみましょう。
セル A1 に「2016」、セル C1 に「7」と入力します。

次に、セル E1 に DATE 関数を入力し、入力した月の月初日を取得しましょう。
年=セル A1、月=セル C1、日=月初日を求めたいので、「1」です。

2

セル E1 に「=DATE(A1,C1,1)」と入力すると、「2016/7/1」と表示されました。

3

 

STEP3.取得した月初日の曜日を取得する

DATE 関数で取得した「2016/7/1」が何曜日か、WEEKDAY 関数を使って求めましょう。
日曜日を「1」として取得される WEEKDAY 関数の結果は、以下のようになります。

日曜日:1
月曜日:2
火曜日:3
水曜日:4
木曜日:5
金曜日:6
土曜日:7

この結果数値を、仮に「曜日数値」としましょう。
セル F1 に「=WEEKDAY(E1,1)」と入力します。

4

曜日数値は「6」と表示されましたので、「2016/7/1」は金曜日ということです。

5

 

STEP4.カレンダーの最初のセルの日付を取得する

「2016/7/1」が金曜日だということがわかりました。
セル E3 が 7 月 1 日になるわけですが、自動で表示させるため、カレンダー日付欄最初のセル A3 の日付を求める必要があります。
セル A3 の日付は、月初日から何日前かを求めましょう。
「STEP3」で取得した「曜日数値」で見てみると、
月初日が日曜日(曜日数値 1)の場合、セル A3 は月初日から 0 日前=「2016/7/1」
月初日が月曜日(曜日数値 2)の場合、セル A3 は月初日から 1 日前=「2016/6/30」
月初日が火曜日(曜日数値 3)の場合、セル A3 は月初日から 2 日前=「2016/6/29」



このように、セル A3 には、月初日の(曜日数値―1)日、遡った日付が入ることになります。
セル A3 に、「=E1-(F1-1)」と入力します。

6

セル A3 に「2016/6/26」と表示されました。

7

 

STEP5.B3 セル以降を自動表示させる

セル B3 は、セル A3 にプラス 1 日足した日付になります。
セル B3 に「=A3+1」と入力します。

8

セル B3 に「2016/6/27」と表示されました。
以降のセルも同様なので、セル B3 をコピーし、セル B4 ~セル G3 まで貼り付けます。

9

行が変わるので、セル A4 に「=G3+1」、セル B4 に「=A4+1」と入力します。

10

セル B4 をコピー、セル G4 まで貼り付けます。
5 行目~ 8 行目は、4 行目をコピーして貼り付ければ、全てのセルに日付が表示されます。

11

 

STEP6.日付の表示形式を変更する

カレンダーなので、「yyyy/m/d」表示から日付だけの表示に変更します。
カレンダーの日付の入るセルを全選択します。

12

[ホーム]タブの[表示形式]から、[その他の表示形式]を選択します。
[ユーザー定義]をクリックし、種類の欄に日付のみを表示させる「d」を入力します。

13

カレンダーが日付のみの表示になりました。

14

 

STEP7.当月以外の日付を非表示にする

月間カレンダーなので、当月以外の日付は表示しないようにします。
[ホーム]タブの[条件付き書式]から[新しいルール]を選択します。

15

[数式を使用して、書式を設定するセルを決定]を選択し、ルール内容に「=MONTH(A3)<>$C$1」と入力します。
[書式]をクリックして、フォント色を白にします。

16

セル A1 をコピーし、全ての日付セルに形式を選択して、書式のみを貼り付けます。

17

表示が、7 月 1 日から 31 日のみになりました。
セル E1 とセル F1 も非表示になるように、文字色を白くしましょう。

これで、月間カレンダーの完成です。

 

以上、Excel でのカレンダーの作り方を紹介しました。

試しに、上記の方法で作ったカレンダーの月を変えてみてください。
自動でその月のカレンダーが表示されるはずです。

デザインを変えてみて、オリジナルのカレンダーを作ってみてくださいね。

[お知らせ]KiRAMEXでは初心者でも最短4週間でExcelが使えるようになるオンライン完結のExcel(エクセル)講座を開催しています。Excelを仕事に活かしたい方はぜひご覧ください。