プログラミング初心者向け無料学習サイト【国内外あわせて15選】

【プログラミング初心者におすすめ】国内外問わず急激に増えている「無料プログラミングを学習サイト」を紹介する記事です。ブラウザ上でコードを入力したり、プログラミングを学ぶための動画を見られるサイトがあります。

プログラム学習に役立つ、無料で使えるプログラミング学習サイトについてご紹介します。

プログラミング初心者が勉強するとなると、どこから始めていいのかわからないことも多いと思います。

 

そんな課題を解決するような「無料でプログラミングを学べるサイト」がアメリカを中心にして増えてきています。その中でもCodecademyは記事などでも多く紹介されています。このCodecademyのように実際にコードをブラウザ上で入力て学べるサイトや、プログラミングについての動画を見ることができるサイトなどもあり、人気を集めています。

 

今回はそんなプログラミングを学べる15サイトをご紹介します。国内外両方のサイトを紹介しているので、英語ができない方でも参考になると思います。プログラミングの学習方法を提示しているサイトもあります。

 

 無料プログラミング学習サイト15選

プログラミング初心者が知りたい15サイトを紹介していきます。
実際のサイトは各リンクから確認してみてください。

 

1.Codecademy(コードアカデミー)

Codecademy世界的に有名なプログラミング学習サイトです。最初は英語のみでしたが、TOPページのみCodecademyは日本語対応を開始しています。

ブラウザ上でコードを書くエディタが用意されているため、特に開発環境を用意しなくても始められるのが特徴です。また、一般のユーザーがプログラミングのレッスンを作れるようになっており、プログラミング学習のプラットフォーム的な使われ方をされることになりそうです。

問題に答えていくとバッジがもらえる機能があり、ゲーミフィケーションを意識したサービスでもあります。

学べる言語は他のサイトと同じようなJavaScript、HTML+CSSをはじめとしてPythonとRubyにも対応しています。

Codecademy

 

2.ドットインストール

ドットインストール国内では最もメジャーといえるプログラミング学習サイトです。

「3分間でマスターする初心者向けプログラミング学習サイト」というコンセプト通り、レッスンを全てYouTubeを使って無料でみることができます。

ブラウザ上でコードを書く機能はありませんが、PHP、JavaScript、Ruby、Python、Javaなど幅広い言語がカバーされています。

また、2013年12月からは有料の通信添削コースを開始しました。1週間3,150円で個人指導によるコードの添削サービスを受けることができます。質問は何回でもし放題とのことです。

ドットインストール 

 

3.CodeStudy

CodeStudyインターンシップやアルバイトの求人メディア「JEEK」を展開する株式会社Techouseが運営しているサービスです。JEEK内のいちコンテンツとして提供されています。

社会人でも利用できますが、学生をターゲットにしているようです。

Codecademyのようにブラウザ上だけで学習することができ、問題を解いていくと自分のレベルが上ったことを確認できる仕組みになっています。

レッスン内容はJavaScriptとjQueryが用意されています。また、Facebookでログインしている場合は、友達と経験値やレベルを競争できる機能が追加されています。

CodeStudy

 

4.code.9leap.net

code.9leap.netゲームプログラミング学習に特化したサービスで株式会社ユビキタスエンターテインメントが運営しています。

ゲームエンジン「enchant.js」を使ったプログラミングを、 ゲーム感覚のチュートリアルで学ぶことができるサイトです。お手本のコードを変えていくと自分のゲームを開発することができます。

問題の出し方は対話のようになっているため初心者でもわかりやすくなっています。 また、ユーザー自身がサンプルコードを使って簡単なゲームがを作成することも可能です。実際に作ったゲームは9leapで開催されているコンテストに応募できることになっており、コンテストには賞品も用意されています。

code.9leap.net

 

5.ミニツク(Minituku)

ミニックRubyに特化して勉強ができるサイトです。ログインをしなくても一部の機能はそのまま利用することができます。

Rubyの設計者・開発者であるまつもとゆきひろ氏がRubyの基礎ついて紹介している動画コンテンツも用意されています。

学習方法は、出された問題を4つの選択肢から選ぶ「ドリル」と、問題をもとに実際にコードを書いてから模範解答を確認すると「演習」の2つがあります。演習では他の人が答えた内容も見ることができます。

ミニツク

 

6.プログラミン

プログラミン文部科学省が提供する子供向けのサイトです。

次に紹介するGoogle Blocklyと同じように、コードは入力せずにブロックを組み合わせるだけで絵を自由に動かして遊ぶことができます。

子供向けのサイトですが、プログラミングがどのように動いているのかを学ぶことができます。

プログラミン 

 

7.Google Blockly

Google BlocklyGoogleが提供しているパズル感覚でプログラミングを学べるサービスです。コードを書かなくてもプログラミングの感覚を身につけることができるサイトです。

子ども用のプログラミング言語として開発されたScratchと同じような仕組みです。

Google Blocklyの使い方はデモサイトを見るとわかるようになっています。 迷路ゲームのようになっているので、ブロックで「命令」と「状態」を指定してゴールまで進めるように組み合わせていくことになります。

プログラミングの言語などの書き方を覚えるというよりも、プログラミングの考え方を学ぶ上で使えるサービスと言えます。

Google Blockly

 

8.

Khan AcademyアメリカのEdTech企業として有名なサイトです。

もとは数学、科学、経済など幅広いジャンルの講座を動画をみて学習するサイトですが、この中にブラウザ上でコンピューターサイエンスを学べるコースが用意されています。このコースの中に、ブラウザ上で学習することのできるJavaScriptコースもあります。

講座の内容としては左にコードが表示され、コードを変えると右側にある独自のイラストなどが結果として反映されます。

Khan Academy

 

9.

Codeschoolプログラミングを動画を使って学習できるサイトです。 有料版は月間25ドルかかりますが一部のコンテンツは無料で利用することができます。

他のサイトとの比較として、非常に動画の質が高いという特徴があります。コードを入力する前に動画を見るパートが用意されているのですが、ただ映像を流すだけでなく、あたかも目の前でプレゼンテーションをしているかのようにスライドなどが表示されます。

映像を見終わったあとはクイズに答える形式をとっており、正解するとバッジがもらえる機能もあります。

プログラミング言語はJavaScript、Ruby、R言語の他にiOSを扱った講座も用意されています。

Codeschool

 

10.

Code Avengersサイトで使っているキャラクターにインパクトのあるプログラミング学習サイトです。

キャラクターからミッションが出題されるので、それに答える形でブラウザ上にコードを入力していく学習方法です。他のサイトと同様にわからないとろがある場合はヒントを確認することができます。

レッスンの内容はHTM5/CSS3とJavaScriptがあり、レベルに応じた内容を受けることができます。

Code Avengers

 

11.

learningjarWeb開発者、Webデザイナー、Webマーケターに向けにそれぞれにあった学習プログラムを提供しているサイトです。

ユーザー自身が持っているスキルや過去の学習状況によって、次にどんな講座を学習すればよいかを提案してくれる仕組みが用意されています。

ブラウザ上でコードを書ける機能はありませんが、全て動画を使って学ぶことができます。

レッスン内容は、プログラミング言語としてはJavaScript、Rubyがあり、他にDreamweaverについての講座も用意されています。

LearningJar

 

12.

thecodeplayerページのデザインごとに実際のコードを見て学習できるサイトです。プログラミングというよりはWebデザインがメインです。

サンプルページに対して、実際にどのような手順でコードを書いているのか時間を追って確認することができます。サンプルページではJavaScript、HTML5、CSS3をそれぞれ見られるようにうなっています。

できあがったコードは自分で自由に書き換えて、その結果がどのように表示されるかを確認することができる機能も用意されています。

TheCodePlayer

 

13.(un)classroom

(un)classroom穴埋め問題のようしにてプログラミングを学習できるサイトです。全てのレッスンを使うには有料ですが、一部のレッスンを無料で受けることができます。

問題が出題されたら、実際のどのようにコードを入力していけばいいかを穴埋めで答えると次に進む形式です。

レッスンの内容はPHPとFacebookアプリの作り方があり、他のサイトがあまり扱わない領域をカバーしています。

(un)classroom

 

14.

Treehouse動画や小テストなどを通じて、実際にWebサイトをどのように作っていくのかを学べるサイトです。一部は無料で使うことができます。

レッスン内容としてはJavaScriptやRubyを使ったものから、iPhoneアプリやAndroidアプリの作り方など多岐にわたります。

また、有料のコースを大学生5000名に招待したことがTechCrunchに紹介されて話題になりました。

Treehouse

 

15. Developer Learning Center

appendTo Developer Learning CenterjQueryとJavaScriptに特化したオンライン学習サイトです。

ブラウザ上で入力する機能はありませんが、1つの動画が30分から40分程度ある中身の濃い内容を見て学習していくことになります。

appendTo Developer Learning Center

 

プログラミング学習サイトの特徴まとめ

サービスごとに日本語対応や扱っているプログラミング言語が違うため表にまとめてみました。気になったものから試してみてください。

サービス名 日本語対応 動画コンテンツ コード入力 主なプログラミング言語
Codecademy × JavaScript、Python、Ruby
ドットインストール × JavaScript、PHP、Ruby
CodeStudy × JavaScript
code.9leap.net × JavaScript
ミニツク × Ruby
プログラミン × × 言語がなくても学べる
Google Blockly × × 言語がなくても学べる
Khan Academy × × JavaScript
Codeschool × JavaScript、Ruby、R言語
Code Avengers × × JavaScript
LearningJar × × JavaScript、Ruby
TheCodePlayer × × JavaScript
(un)classroom × × PHP
Treehouse × × JavaScript、Ruby
appendTo × × JavaScript

※コード入力はブラウザ上でコード入力できる機能を用意しているか

 

ぜひプログラミング学習にお役立てください!

プログラミングを本で勉強したい場合は、プログラミング入門書の記事も参考にしてみてください。

[お知らせ]TechAcademyではプログラミング初心者でも最短4週間でエンジニアになれるオンラインブートキャンプを開催しています。現役エンジニアのサポートで効率的に学びたい場合はご参加ください。