プログラミングに使える!フリーのテキストエディタ10選

プログラミングをこれから勉強する場合、「どのエディタを使ったらいいの?」という疑問を持つかもしれません。

そこで、初心者にもおすすめの無料テキストエディタを10個ピックアップしてみました。また、テキストエディタ以外に統合開発環境も一緒に紹介します。

 

Windows、Macそれぞれに使えるエディタで、できるだけ日本語に対応したものを選んでいます。紹介するテキストエディタを比較して自分に合ったものを探してみてください。

 

1. TeraPad(テラパッド)

Windows用のテキストエディタです。国産のエディタですのでインタフェースが日本語です。

シンプルさを特徴としており複雑な設定が必要ありません。ソースコードの色分け機能などが付いており初心者でも安心して使えます。

terapad

TeraPadの使い方

 

2. サクラエディタ

Windows用のテキストエディタです。オープンソースでだれでもソースコードを編集できるため、多くの開発者によって機能が追加されてきました。

こちらも国産エディタなのでインタフェースは全て日本語です。複数のファイルから同時に検索できるGrep機能や、キーボードマクロの登録などが可能で、豊富なカスタマイズ機能を持っています。

sakura

サクラエディタの使い方

 

3. Notepad++(ノートパッドプラスプラス)

「メモ帳」に替わるエディタを目指して開発されたWindows用のエディタです。開発元は海外ですが、様々な言語に対応しており、日本語でも使うことができます。

動作が軽快で、他のエディタよりもデフォルトで多くのプログラミング言語の色付けをサポートしています。

notepad

Notepad++の使い方

 

4. CotEditor( コットエディター)

Mac用のテキストエディタです。国産のためインタフェースがすべて日本語で使えます。

とてもシンプルで初心者でも使いやすく、様々なプログラミング言語の色付けも行ってくれます。Mac のテキストエディタの中でも人気がある定番エディタとなっています。

cot

CotEditorの使い方

 

5. mi(ミ)

Mac用のテキストエディタです。国産のためインタフェースが日本語です。自動的に関数の一覧表や、ファイルの一覧表などを作成してくれるプログラマに嬉しい機能が付いています。

また、エディタの背景画像を設定できるので見た目にこだわりたい方にもおすすめです。UTF-8といった文字コードも画面の上から簡単に変えることができます。

mi

miの使い方

 

6. Sublime Text(サブライムテキスト)

Windows、Mac、Linux対応のテキストエディタです。インタフェースは英語ですが、日本語の入力は可能です。使い勝手やデザインが良く、最近特に注目されています。

シンタックスカラーリングや、ソースコード全体のマップ表示など便利な機能も揃っています。有料ソフトなのですが、現在はバージョン2の評価版が無料で無制限に使えます。気に入ったらそのまま購入することも可能です。エディタはタブの表示で使うこともできます。

sublime

Sublime Textの使い方【初心者向け】

 

7. Visual Studio(ビジュアルスタジオ)

Microsoft が提供するWindows用の統合開発環境です。

テキストエディタも内部に含んでおり、Windows用のアプリケーションを開発するときや、Xbox 360 用のゲーム、Windows Phone 用のアプリケーションを開発するときなどに使います。多言語に対応しており日本語でも使うことができます。

WindowsやXbox360用のプログラムを開発したい方はこのソフトに慣れておくと良いでしょう。いくつかのエディションがあり、Expressエディションが無料になっています。

vs

Visual Studioの使い方

 

8. (エックスコード)

Apple が提供するMac用の統合開発環境です。iPhone や iPad、Mac用のアプリ開発に必要な機能がそろっているため、 iPhone アプリを開発したい方は、使い方を覚えて損はないでしょう。

もちろん、その他のアプリケーションを開発するためにも使えます。ただし、インタフェースは英語です。

xcode

Xcodeのインストール方法

 

9. (エクリプス)

IBMによって開発された、様々な用途に使用できるオープンソースの統合開発環境です。Windows、Mac、Linuxなど多くのOSに対応しています。

Androidアプリを開発するときには、Google が提供するADT Bundleという開発セットの中に入っているEclipseを使うことになります。Androidアプリを開発したい方はEclipseの操作に慣れておくと良いでしょう。インタフェースは英語ですが日本語化も可能です。

eclipse

Eclipseのインストール方法

 

10. vi(vim) / Emacs

最後に、viとEmacsを紹介します。こちらは主に CUI 環境で使われるエディタです。Linuxユーザやサーバエンジニアによって広く利用されています。

GUI のエディタに慣れたユーザにとってはキー操作が異なり取っ付きづらい部分もありますが、サーバの設定をしたりLinuxの操作をしたい方は慣れておくと良いでしょう。もちろんプログラミングにも使用できます。

emacs

GNU Emacs
※ viは多くのLinuxディストリビューションで最初から使用できます

 

 

今回の記事はいかがでしたか?

紹介したエディタはすべて無料で使用できますので、いくつか試してから自分に合ったものを見つけてみてください!

プログラミングをこれから勉強したいという方は、プログラミング入門書の記事も参考にしてみてください。

[お知らせ]TechAcademyではプログラミング初心者でも最短4週間でエンジニアになれるプログラミングのオンラインブートキャンプを開催しています。現役エンジニアのメンターが毎日チャットで学習をサポートします。