プログラミング学習

プログラミングの勉強で
初心者が挫折する理由とは

今ビジネスマンのスキルアップとして注目を集めているのが「プログラミング」です。

週刊東洋経済やAERAといった雑誌でプログラミングが特集され、一般ビジネスパーソン向けのプログラミング書籍の出版も相次いでいます。

そんなプログラミングが注目を集める理由と、初心者がプログラミングの勉強を始めた時によくある悩み、その解決方法をまとめました。

なぜ今プログラミングが注目されているのか

なぜ今プログラミングが注目されているのか

理由 その12020年に小学校でプログラミングが必修化

部科学省は2020年に小学校でプログラミングを必修化することを発表しました。今後、2030年には約80万人のIT人材が不足すると推定されており、その解決策の1つとして必修化に至りました。

このIT人材の不足は世界中で起きているため、日本だけでなくイギリス、フィンランド、シンガポールなどでも必修化が決まっています。また必修化することで、論理的思考力や創造性が身につくことも期待されています。

理由 その2人工知能の発達で10年後に半分の仕事がなくなる

オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授は論文「雇用の未来」において、これから10年〜20年でアメリカの総雇用者の約47%の仕事が人工知能(AI)によって自動化されるリスクが高まると発表しています。 具体的な職業として、 銀行の融資担当者、不動産ブローカー、電話オペレーターなどがあげられています。

それでも、自動化の際にコンピュータに指示を与える仕事は必要で、その指示を与えることこそ「プログラミング」なのです。今の仕事の効率を上げるなど、持っているスキルに掛け合わせることで仕事の幅が広がるということでプログラミングに注目が集まっています。

理由 その3インターネットビジネスの拡大

2016年のIT市場予測は14兆5683億円。今後さらに拡大し、2020年には15兆2413億円に到達すると言われています。もとはIT関連の企業だけがインターネットのビジネスを行っていましたが、現在はIoT(モノのインターネット)のように身の回りのあらゆるものにインターネットが組み込まれてきています。そのため、関係のない仕事をしていたビジネスマンもインターネットの仕組みなどを理解する必要が出てきました。

単純に仕組みを知るだけでなく、手を動かして開発をするエンジニアに正しい指示が出せなければビジネスは円滑に進みません。エンジニアと円滑にコミュニケーションをとるために、最低限のプログラミング知識は必要ということでも注目されています。

初心者がプログラミングの勉強を始めた時によくある悩み

初心者がプログラミングの勉強を始めた時によくある悩み

まったくの初心者がいざプログラミングを勉強しようとすると、こんな悩みが多く聞かれます。

悩み その1プログラミングを勉強する機会がない

研修などを自分が所属する企業が提供していればいいですが、IT関連の開発会社でもない限り一般のビジネスマンがプログラミングを勉強する機会は多くないはずです。そのため「どこで学べばいいかわからない」という悩みを多く耳にします。学ぶ場所としてプログラミングスクールがありますが、毎回会場まで通学する必要があり、授業料が30万円〜100万円程度かかることが一般的です。また、プログラミングスクールは首都圏に集中しているため、家から遠いと通うことも困難になります。

悩み その2プログラミングについて聞く人がいない

スクールに通えないと、プログラミングの書籍を読む、プログラミングの無料学習サービスを使ってみるといった具合に独学に頼らざるを得ません。独学の場合、ちょっとした入力ミスだけでも数時間、数日間悩んでも解決しないということが起こります。身近にプログラミングについて聞ける人がいればいいですが、そうでない場合は悩んでいる間はムダな時間になってしまいます。

悩み その3モチベーションが続かない

独学でよくあるのはモチベーションの低下です。独学だと周りから見られる環境もないため、ついついサボってしまうことがあります。また、プログラミングの場合は「できた!」という経験の積み重ねによって楽しくなっていくものですので、それができずにモチベーションが下がってそのまま勉強をやめてしまったという声をよく耳にします。

挫折しないでプログラミングを勉強する方法

挫折しないでプログラミングを勉強する方法

そんなプログラミングの悩みを解決できる勉強法について紹介します。

勉強方法 その1オンラインで勉強できるサービスを使う

オンライン完結のサービスを使えば、家や会社にいながらプログラミングを勉強することができ、忙しいビジネスマンも安心です。TechAcademyのオンラインブートキャンプなら、オンライン完結で勉強することができます。カリキュラムもオンラインで閲覧でき、PCの他にスマートフォンやタブレット端末でも表示できるため、出勤時間も有効活用できます。

勉強方法 その2プログラミングを相談できるメンターを見つける

オンラインで勉強するだけでは、わからないことがあった際、先に進めませんのでメンターを見つけておくことをおすすめまします。そのメンターはオンラインですぐ回答してくれる人が良いでしょう。TechAcademyのオンラインブートキャンプの受講期間は毎日15時〜23時で現役エンジニアがスタンバイしています。勉強する中でわからないことがあれば、いつでもチャットで質問することができます。

勉強方法 その3実際にWebサービスやスマホアプリを作ってみる

モチベーションを継続させるために、1つ形になるものを作ってみることをおすすめます。作るといっても難しいものではなく、簡単なWebサービスで構いません。

TechAcademyのオンラインブートキャンプでは専任講師として、受講生に1人ずつパーソナルメンターがつきます。そのパーソナルメンターが週に2回ビデオチャットを使ってマンツーマンレッスンを行います。パーソナルメンターは、オリジナルのWebサービスやオリジナルアプリの開発までサポートすることが可能です。

挫折しない勉強方法をさらに詳しく見るには

挫折しないでプログラミングを勉強する方法も紹介した、オンラインブートキャンプの説明会動画を無料で公開しています。登録すると具体的な勉強のポイントを動画で見ることができます。なお、Facebookなどのソーシャルメディアのアカウントをお持ちの場合はワンクリックで登録可能です。

無料説明会動画を閲覧するにはこちら

無料説明会動画の閲覧申し込みフォーム

プライバシーポリシーに同意の上、下記フォームに内容を記入してお申し込みください。

いずれかの方法でお申し込みいただけます