誰でもすぐ分かる!git branchでブランチを作成する方法【初心者向け】

初心者向けにgit branchでブランチを作成する方法について解説しています。複数人で開発する中でブランチの知識は必要不可欠です。新たな作業用にブランチを作成することが可能です。すぐ理解できるはずなので、ぜひご覧ください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

Git(ギット)はとても便利なバージョン管理システムです。

今回は、Gitの使用においても重要なgit branchの使い方を紹介していきたいと思います。

同様に役立つGithubの使い方も解説しているので、合わせてご覧ください。

 

なお本記事はTechAcademyのオンライン完結のGitHub講座のカリキュラムをもとに執筆しています。

20160620

 

田島メンター!何人かで並行して開発するプロジェクトをgitで管理したいんですけど、どうすればいいですか???

20163020-2

 

それなら、ブランチを切って管理すると良いよ。

 

20160620

 

ブランチ、ですか?

 

ブランチとは

ソフトウェアやサービスの開発をしていて、新しい機能追加を試したい時や、複数人でファイルを編集する時に、より編集をしやすくするための機能です。

ブランチを切ると他のブランチとは独立した履歴が保存されていくため、他の人の作業に影響を与えることなく作業をすることができます。

各ブランチで開発された機能はmasterブランチにどんどんマージされていき、開発を進めていくという流れが一般的にはよく使用されています。

ブランチはgitを使用するにあたって必須の知識になるので必ず覚えておくようにしましょう。

言葉で聞くと難しいかもしれませんが実際にしてみると簡単にブランチを作成することができます。

 

git branchでブランチを作成する

それでは実際にgit branchを使用して、ブランチを作成してみましょう。

まずgit branchとコマンドで入力してみましょう。

git branch

すると、現在のブランチ一覧が表示されます。デフォルトの場合masterというブランチ一つになっているかと思います。

一般的にはこのmasterブランチをメインに開発を進めていきます。

次に「git branch sample」というコマンドを入力してみましょう。

git branch sample

そのあと「git branch」を確認してみると以下のようにsampleブランチが追加されていることがわかります。

git11_01

これでgit branchを使用して、ブランチを作成することができました。

 

[PR] 現役エンジニアに質問しながらプログラミングを習得する学習方法とは

まとめ

今回はブランチについて解説していきました。

ブランチは集団で開発する際に必ず使用する知識になります。

実際の現場でもブランチは開発していく上で必ず作成します。ぜひ覚えておくようにしましょう。

20160620

 

新機能の追加のときにもブランチは使えそうですね♪

 

20163020-2

 

そうだね。ブランチはとても便利なんだけど、競合が起きてしまったりするから、使い慣れておくといいよ。

20160620

 

はい、わかりました!

 

 

[お知らせ]TechAcademyでは自宅で学べるオンライン完結のGitHub講座を開催しています。わからないことをチャットで質問すると、現役エンジニアのメンターが毎日すぐに回答します。