PHPのcount関数を使って配列の要素の数をカウントする方法【初心者向け】

プログラミング初心者向けにPHPのcount関数を使って配列の要素の数をカウントする方法について解説しています。変数やオブジェクトに含まれる要素を数えたい時に便利です。ソースコードを書きながら説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

PHPのcount関数の使い方について、テックアカデミーのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

目次

そもそもPHPについてよく分からないという方は、PHPとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

countとは

countは配列の要素の数を数え、それを数値として返す関数です。

 

大石ゆかり

田島メンター!配列に、いくつ要素があるのかわからないんですが、何か良い関数はないでしょうか?

田島悠介

こんな時、countを使用するんだ。countは配列の要素数を数えてくれるよ。

大石ゆかり

要素の数がわかると、ループ処理で使えそうですね。

田島悠介

その通り!何回処理すればいいかわかるからね。countの書き方などを見てみよう!

 

countの書き方

countは、以下のように記述します。

count(要素を数える配列,モード)

( )内に要素の数を数えたい配列を入れます。

また、再帰的に要素を数える場合は「モード」の部分にCOUNT_RECURSIVEと入力します。
このパラメータは使用しない場合は省略が可能です。

 

[PR] PHPプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

ここでは、以下の4つの例を実際に確認します。

  • 基本的なcountの使用例
  • 配列の中に配列を入れる使用例
  • 再起処理の使用例
  • COUNT_REVERSEの使用例

4つの使用例を解説します。

 

基本使用例

基本的なcountの使用例を見ていきましょう。

サンプルコード

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head> 
    <meta charset="utf-8" />
  </head>
  <body>
    <?php
      $arr = array(10,20,30);
      $cnt = count($arr);
      echo $cnt;
    ?>
  </body>
</html>

解説

1行目の<!DOCTYPE html>では、HTMLのコードを実装開始する宣言をしています。
2行目の<html>では、HTMLタグを利用してHTMLの実装を開始しています。
3行目の<head> では、headブロックの実装を開始しています。
4行目の<meta charset=”utf-8″ />では、文字コードをUTF-8に設定しています。
5行目の</head>ではheadブロックの実装を終了しています。
6行目の<body>では、bodyブロックの実装を開始しています。
7行目の<?phpでは、phpプログラムの実装を開始しています。
8行目の$arr = array(10,20,30);では、変数$arrに、配列の数値の「10,20,30」の3つの要素を格納しています。
9行目の$cnt = count($arr);では、変数$cntに、変数$arrの要素をcount関数で計測した結果を代入しています。
10行目のecho $cnt;では、変数$cntを表示しています。
今回は、「10,20,30」の3つの要素が入っていたので表示結果は3です。
11行目の?>では、phpプログラムを終了しています。
12行目の</body>では、bodyブロックの実装を終了しています。
13行目の</html>では、HTMLの実装を終了しています。

実行結果

表示結果

3

 

配列の中に配列が入る例

配列の中に配列が入っている場合の例を見ていきましょう。

サンプルコード

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="utf-8" />
  </head>
  <body>
    <?php
      $arr1 = array(1,2,3);
      $arr2 = array("a","b","c");
      $arr3 =array($arr1,$arr2);
      echo count($arr3);
    ?>
  </body>
</html>

解説

$arr1 = array(1,2,3);では、「1,2,3」という3つの数値が格納された配列$arr1を作成しています。
$arr2 = array(“a”,”b”,”c”);では、「”a”,”b”,”c”」という3つの文字列が格納された配列$arr2を作成しています。
$arr3 =array($arr1,$arr2);では、配列$arr1と$arr2の2つが格納された配列$arr3を作成しています。

今回は、その要素の数をcountを使用して数えます。

echo count($arr3);では、$arr3には「$arr1・$arr2」という2つの要素が入っているため、画面では2と表示されます。

実行結果

 

表示結果

2

 

再帰処理の例

配列を任意のパラメータであるCOUNT_RECURSIVEを使い、再帰的にカウントした場合の例をみていきましょう。

サンプルコード

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="utf-8" />
  </head>
  <body>
    <?php
      $arr1 = array(1,2,3);
      $arr2 = array("a","b","c");
      $arr3 =array($arr1,$arr2);
      echo count($arr3,COUNT_RECURSIVE);
    ?>
  </body>
</html>

解説

$arr1 = array(1,2,3);では、「1,2,3」という3つの数値が格納された配列$arr1を作成しています。
$arr2 = array(“a”,”b”,”c”);では、「”a”,”b”,”c”」という3つの文字列が格納された配列$arr2を作成しています。
$arr3 =array($arr1,$arr2);では、配列$arr1と$arr2の2つが格納された配列$arr3を作成しています。
echo count($arr3,COUNT_RECURSIVE);では、$arr3内の配列を含むすべての要素($arr1と$arr2の各要素)がカウントされます。
COUNT_RECURSIVEを利用することで、子要素である$arr1と$arr2で2要素、その孫要素が「1,2,3」と「”a”,”b”,”c”」の6要素、すべてカウントされます。
結果的に、”8″と表示されます。

実行結果

 

表示結果

8

 

COUNT_RECURSIVEを利用する例

例えば以下のような場合でも、$arr2をcountした場合は通常では”3″となりますが、COUNT_RECURSIVEを使用すると”6″が値として返されます。

サンプルコード

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="utf-8" />
  </head>
  <body>
    <?php
      $arr1 = array(1,2,3);
      $arr2 = array(5,6,$arr1);
      echo count($arr2,COUNT_RECURSIVE);
    ?>
  </body>
</html>

解説

$arr1 = array(1,2,3);では、「1,2,3」という3つの数値が格納された配列$arr1を作成しています。

$arr2 = array(5,6,$arr1);では、「5,6,$arr1」という2つの数値と、配列arr1という変数が格納された配列$arr2を作成しています。

echo count($arr2,COUNT_RECURSIVE);では、配列$arr2の中に「5,6,$arr1」という3つの要素が格納されています。

さらに、配列$arr1の中に「1,2,3」という3つの要素が格納されています。

結果的にこの要素が合計6あるので、表示結果は6です。

実行結果

 

表示結果

6

 

おわりに

PHPのcount関数を使って配列の数を取得する方法について解説しました。

 

大石ゆかり

count関数はわかったんですが、配列の配列って難しいですね。

田島悠介

そうだね。ちゃんと考えを整理していないと、戸惑うかもしれないね。

大石ゆかり

配列の中に配列が入っている例って何かありますか?

田島悠介

例えば、記事を3件取得したとするよね。その記事それぞれにタイトルと内容がある。そういう場合、[0][‘title’]、[0][‘body’]という感じになります。

 

PHPを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • つまずかず「効率的に」学びたい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

プログラミングを学習していて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのPHP/Laravelコースでは、第一線で活躍する「プロのエンジニア」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたエンジニアの手厚いサポートを受けながら、PHP/Laravelを使ったWebアプリケーション開発を学べます。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役エンジニアから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!