今さら聞けない!PHPとは【初心者向け】

Web開発でよく使われている「PHP」を初心者向けに解説した記事です。聞いたことはあるけど、いまいちPHPが何なのかよく分からないという人は、ぜひご覧ください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

Web開発でよく使われている「PHP」という言語を初心者向けに解説した記事です。

聞いたことはあるけど、いまいちPHPが何なのかよく分からないという人は、ぜひご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのPHPオンライン講座の内容をもとにしています。

 

PHPとは

PHPはHTMLに埋め込むことができるため、Web開発でよく使用されるスクリプト言語です。

Web開発でよく使用されるスクリプト言語に、JavaScriptがありますが、PHPとJavaScriptの大きな違いは、そのコードがどこで実行されるかにあります。

JavaScriptは、クライアントサイド(Webサイトを閲覧しているブラウザ)がコードを受け取り、そこで動作します。そのため、どのようなコードが書かれているのか、誰でも見ることができてしまいます。

一方、PHPはサーバーサイドでコードを実行します。

クライアントサイドはその結果のみを受け取るため、どのようなコードで導き出された結果なのか見ることができません。

f3e5dabd1941177d727026a2636ae4fa

PHPを実行するには、PHPがインストールされたWebサーバーが必要です。

ローカルに開発環境を用意したい場合は、XAMPPを使うのが便利です。また、すぐにPHPを使用することができるレンタルサーバーもあるので、すぐに勉強を始めたいという場合は便利です。

 

PHPでできること

PHPを使うと、ひとつのページに様々な情報を反映して動的なページを作ることができます。基本的にPHPでよく使用されるのは次の3つです。

HTMLソースコードを生成する

PHPを使うと、HTMLソースコードを作成することができます。すべての文章をPHPで書く必要はなく、HTMLの一部分のみPHPで生成するということができます。

データベースと連携する

PHPを使うとMySqlやPostgerSQLなどさまざまなデータベースと連携したWebサイトを簡単に作成することができます。

ブログや掲示板などのサイトは、記事をデータベースに記録し、サイトへのアクセスがあるとPHPでその記事のデータをデータベースから読み込んで表示させています。

クライアントから送信された情報を受け取る

HTMLのフォームでユーザーが入力した情報をPHPを使って受け取ることができます。HTMLで作成したフォームから送信された情報を受け取って、HTMLソースに表示したり、データベースに保存したりすることができます。

 

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

基本的なPHPの書き方

PHPファイルは「.php」という拡張子をつけることで、PHPファイルであることをコンピューターが認識してくれます。(例 index.php)

PHPを記述する場合、「<?php」で始まり「?>」で終わるというルールがあります。この間に書かれるスクリプトは複数行になっても大丈夫です。
また、スクリプトの最後には「;」が必要です。

 

以下が、HTMLにPHPを埋め込んだ例です。

<!DOCTYPE html>
<html>
    <head>
        <title>基本的なPHPの書き方</title>
    </head>
    <body>

        <?php
            echo "HELLO WORLD";
        ?>

     </body>
</html>

赤字の部分がPHPで書かれている部分です。「echo」は文字列を出力するときに使います。今回の場合は、「HELLO WORLD」という文字列を表示するだけの簡単なスクリプトです。

これをWebサーバーにアップしてブラウザで見ると、下の画像のようになります。左がブラウザでの見た目、右がソースを表示したところです。

スクリーンショット 2016-02-02 16.51.34

クライアントサイドではスクリプトが表示されていないことが確認できます。

 

PHPの基本構文

PHPでよく使う構文についていくつかまとめて紹介していきます。

基礎的な内容なので、PHPとは何かよく分かっていないという人でも覚えておいて損はないでしょう。

if文

if文は、「もし◯◯したら〜する」といった条件分岐を作るのに使う便利な構文です。

<?php
  if(もし会員登録したら){
  // 登録したメールアドレスにサンクスメールを送る
  }
?>

 

for文

for文は、繰り返し処理を行う際に便利です。1~100までの数字を1つずつ手動で足していくと面倒ですが、for文を使えば一瞬で処理が終わります。

<?php
  for($i = 1; $i < 15; $i++){
  // 行う繰り返し処理
  }
?>
  • 「$i」は、数字や文字列などを入れる箱
  • 「$i = 1;」は、箱に1という数字を代入
  • 「$i < 15;」は、15未満までは繰り返しを行う
  • 「$i++」は、繰り返し処理が終わったら$iを1つずつ増やしていく

こういった流れで$iの数字が15未満までは繰り返し処理が行われるという処理になります。

 

おわりに

今回の記事は以上です。

PHPはプログラミング言語全般を理解する上で入り口としてはとても良い言語でしょう。PHPが理解できれば日頃見ているWebサイトの仕組みも何となく分かり、自分で実装することも可能なので、ぜひ学習してみてください。

PHPを勉強していて、
・もっと効率的に勉強したい
・誰かに聞きながら学びたい
・自分でWebサービスを作りたい
と思ったことはないでしょうか?

そんな方のために、TechAcademyではオンラインブートキャンプPHP/Laravelコースを提供しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

独学に限界を感じている場合はご検討ください。