今さら聞けない!Photoshopで文字を加工する方法

Adobe Photoshop(フォトショップ)を使って「文字を加工する方法」を紹介する記事です。初心者向けなので、画像を24枚使って解説。基礎から、レイヤースタイル、 作業用パスなどを利用する方法まで紹介しています。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

初心者の方でもAdobe Photoshopの使い方がわかる記事です。

今回のテーマは「文字を加工する方法」です。この記事を見ながらぜひ使ってみてください。

PhotoShopでは様々な機能を利用してテキスト入力からロゴなどの作成が可能です。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインPhotoshop講座のカリキュラムをもとに執筆しています。

 

20160620

 

田島メンター!!入力したテキストにフィルターなどの効果を入れたいんですが、どうしたらいいんですか~?

 

20163020-2

 

テキストレイヤーはそのままではフィルター効果を入れることができないのでラスタライズする必要があるね。でも、レイヤースタイルや作業用パスを使えばテキストの情報を保持したまま加工ができるよ。

 

20160620

 

レイヤースタイルと作業用パスですか?どこから選べばいいんでしょう。

 

20163020-2

 

まずはレイヤースタイルからやってみようか。これが一番簡単な方法になると思うよ。

 

目次

本記事では3つの項目に分けてご紹介します。

  1. 文字の入力と調整
  2. レイヤースタイルを利用する方法
  3. 作業用パスと選択範囲を利用する方法

 

 

文字の入力と調整

まずは簡単な文字の入力からしてみます。

photoshop_te_1

Photoshopで文字を入力します。

ツールバーのテキストツールアイコンを右クリックします。今回は「横書き文字ツール」を使用します。

 

photoshop_te_2

テキストを入力します。

 

photoshop_te_2_2

フォントの種類、大きさなどは上のメニューから調整できます。

 

photoshop_te_3

photoshop_te_4

メニューの「編集」から「自由変形」を選択し、大きさを調整します。

 

photoshop_te_5

また、このとき文字は回転することもできます。

文字の入力と調整はここまでです。

 

 

[PR] 現役デザイナーにチャットで質問しながら1週間でPhotoshopを使ったフォトレタッチをマスター

レイヤースタイルを利用する方法

次に、「レイヤースタイル」という機能を使うことによって、少ない手順ですぐに文字の加工ができます。

photoshop_te_6

レイヤーウィンドウ下より「レイヤースタイルを追加」アイコンをクリックします。

 

photoshop_te_7

「レイヤー効果」を選択します。

 

photoshop_te_8

「スタイル」内のチェックボックスから利用したい効果を選びます。(複数選択可能)

 

photoshop_te_9

「OK」を押すと適用されます。

これでレイヤースタイルが使えました。

 

20163020-2

 

レイヤースタイルを使った方法だよ。

 

20160620

 

こんなメニューがあったんですね。すぐできるし使いやすいです!

 

20163020-2

 

次は作業用パスから選択範囲を作成して、その中に効果を入れてみよう。

 

20160620

 

はい!やってみます!

 

 

作業用パスと選択範囲を利用する方法

最後に、文字の部分を選択範囲として抽出し、自由に加工する方法です。

photoshop_te_10

テキストを入力したレイヤーを右クリックして「作業用パスを作成」を選択します。

 

photoshop_te_11

このように表示されます。

 

photoshop_te_12

次に、レイヤーウィンドウで「パス」のタブをクリックします。

 

photoshop_te_13

「作業用パス」を右クリックして「選択範囲を作成」を選び、OKを押します。

 

photoshop_te_14

文字の部分が選択されます。

 

photoshop_te_15

「レイヤー」タブに戻り、新規レイヤーを追加してテキストのレイヤーを非表示にします。

さらにここからは、ペンツールを使う方法と画像を使う方法に分けて紹介します。

 

1.ペンツールを使う方法

photoshop_te_16

ツールボックスより「ブラシツール」を選択します。

 

photoshop_te_17

ブラシサイズや種類などを選択します。

今回は「スポンジブラシの投影」を選び、不透明度を70%としています。

 

photoshop_te_18

選択範囲内をドラッグして塗っていきます。(※あまり塗りつぶしてしまわないようにします)

 

photoshop_te_19

スタンプで押したような、少しかすれた文字になります。

 

 

2.画像を使う方法

photoshop_te_20

テクスチャ用の画像を別ファイルで開き、「すべて選択」してから「コピー」します。

 

photoshop_te_21

文字レイヤーの上にテクスチャ画像用のレイヤーを追加し、先ほどコピーした画像をペーストします。(背景画像が一時隠れますが問題ありません)

 

photoshop_te_22

先ほどと同様に、作業用パスから選択範囲を作成します。

 

photoshop_te_23

「選択範囲を反転」を選択します。文字以外の部分が選択された形になります。

 

photoshop_te_24

メニューの「編集」から「消去」を選ぶと、文字の部分にテクスチャ画像が反映されます。

これで完了です。

 

20163020-2

 

パスと選択範囲を使う方法はこんな感じだね。

 

20160620

 

レイヤースタイルより少しだけ複雑ですね。

 

20163020-2

 

そうだね。その代わり範囲内の加工は自分の好きな画像を使ったり、ブラシツールで描画できたりするので自由度は高くなるよ。仕上がりのイメージに合わせて使い分けてみよう。

 

20160620

 

分かりました。ありがとうございます!

 

 

かなり基礎的な内容ですが、いかがでしたでしょうか?

Photoshopで画像を切り抜く方法の記事も公開しているので、初心者の方はぜひご覧ください。

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも1週間でフォトレタッチをマスターできるオンラインPhotoshop講座を開催しています。現役デザイナーに毎日チャットで質問することができます。