対策と練習でマスターしよう!自己PRを1分間でまとめるポイント

1分間で自己PRをまとめる際のポイントと話す内容について解説しています。人気な企業であればあるほど簡潔に自分のアピールポイントを伝えなければなりません。面接の場で焦らないためにも伝えたい内容を事前に決めておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

転職活動で避けて通れないのが面接。一番気になるのは、やはり面接官からの質問内容だと思います。

中には「1分間で自己PRしてください」と言われることも。いきなり言われると少しびっくりしますが、応募者の人柄や、コミュニケーション能力を図るには非常に効果的な質問です。

面接時に焦らないためにも事前準備を行い、いつでも1分間で自分をPRできるようにしましょう。

 

 

今回は面接のお話しです。

 

 

面接ですか?どうしても自己PRが苦手なんです。

 

 

事前にしっかり練習しておけば、焦らずアピールすることができますよ。

 

 

先日、1分でまとめてくださいと言われて、うまく話せなかったのです。

 

 

確かに決められた時間の中でのPRは難しいですね。そんな場合の対策について紹介します。

 

 

なお、本記事は、TechAcademyキャリアの転職支援の実績をもとに執筆しています。

 

1分で自己PR!1分でどの程度のことが表現できる?

1分と言う限られた時間の中で、自分自身をどこまでPRできるかが重要です。伝えたいこと全てを盛り込んでしまっては、当然1分間では収まりません。

1分で自己PRを行う場合に重要となるのは、伝えたい要点と構成を事前にしっかりと準備しておくことです。限られた時間の中で、自分を最大限PRできるようにしましょう。

 

伝えたい要点と構成を考える

まずは伝えたい要点を絞る必要があります。1分間と言う限られた時間ですので、自分自身、一番自信がある部分をPRするようにしましょう。

  • コミュニケーション能力が高い
  • 特別な技能(スキル・資格)を持っている
  • 正確性に自信がある

など、自分で自信があるポイントを探しましょう。要点が決まったら次は構成です。ダラダラと話してしまっては、当然時間切れとなってしまいます。冒頭で結論を伝え、次に理由を簡潔に述べると面接官にも伝わりやすいでしょう。

 

[PR] プログラミング勉強してIT企業にエンジニアとして転職

台本を作る!1分間は何文字?

面接官から咄嗟に1分間PRを求められても焦らず対応できるよう、事前に台本を作成してみましょう。

面接時の1分PRで目安となる文字数は約300文字です。300文字より多くなってしまうと、早口になってしまいますし、足らないと時間が余ってしまう可能性が考えられます。300文字前後で台本を作成し、時間を計りながら、声に出して練習してみましょう。

 

1分で自己PRを行う際は口癖に気を付ける

限られた時間内で自己PRを行う際にもっとも気を付けたいのは口癖です。

特に「えー」「あー」などを話し出しに使ってしまう方は十分に注意しましょう。多発すると、口癖だけで多くの時間を使ってしまいますし、面接官にも「言いたいことがまとまっていないのかな?」「あまり自信がないのかな?」と悪い印象を与えてしまいます。

もちろん、口癖が多いと聞きづらい自己PRにもなってしまいますので、1分で自己PRを行う際は十分に注意しましょう。

 

まとめ

今回は1分で自己PRを行う際のポイントを紹介しました。

まずは要点と構成を考え、台本を作り1分間で自己PRを話す練習をしてみましょう。事前準備がしっかりできていれば、面接時に1分自己PRを求められたとしても安心して対応できるでしょう。

IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。

 

 

短い時間の中でどこまで表現できるか事前に台本に話したいことを盛り込んでおくと効果的です。

 

 

台本を作れば安心できそうですね。

 

 

台本をつくったら時間を図って練習しましょう。話すスピードや口癖などにも気を払ってくださいね。

 

 

ありがとうございます!事前にしっかり準備をして面接に挑みます。

 

 

はい!頑張ってくださいね

 

 

また、IT業界は今後も伸び続ける成長産業であり、ビジネス職であってもエンジニアやデザイナーとコミュニケーションが取れる人材が今後求められます。そのためのスキルとしてプログラミングはこれからより求められるでしょう。

TechAcademyでは、IT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。