社会人として恥ずかしくない!「当社・弊社・貴社・御社」の使い方

ビジネスシーンで使用することが多い「当社・弊社・貴社・御社」という言葉。シーンによって使い分けが必要ですが、社会人として最低限知っておきたい単語の一つでしょう。どのシーンではどの言葉を使うのか理解できるはずです。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

「当社・弊社、貴社・御社」という言葉をビジネスシーンで見かける機会は多いもの。

エントリーシートの記入や面接の場面でも頻繁に用いる言葉です。

それぞれの意味や使い分けについて知り、正しく使えるようになりましょう。

 

なお、本記事は、TechAcademyキャリアの転職支援の実績をもとに執筆しています。

 

「当社」は丁寧語「弊社」は謙譲語

当社・弊社の違いは相手との関係性の違いです。「当社」は自分の会社を丁寧に言い表す際に使う言葉で、「丁寧語」に分類されます。

相手と同じ立場、もしくは自分の方が上の立場である場合に多く使われます。「弊社」は、自分の会社という意味は「当社」と同じですが、分類は「謙譲語」です。

「当社」と比べるとよりへりくだった表現で、相手よりも自分側を格下にみているというニュアンスになります。

 

「貴社」は書き言葉「御社」は話し言葉

貴社・御社はどちらも、相手の会社を敬意をもって言い表す表現で、「あなたの会社」「そちらの会社」という意味です。

両者の違いは用途で、「貴社」は主に文書などの中で用いられる「書き言葉」、「御社」は口頭で伝える際に用いる「話し言葉」です。

 

[PR] 実質無料でプログラミング学習してIT企業に転職

「当社」は社内向け「御社」は社外向け

「当社」は、多くの場合社内に向けて用いられる言葉です。

自社の社員に向けて発信される文書やスピーチなどで使われます。そのほか、報道やクレームへの回答や、 自社の実績や方針を述べる際にも用いられる言葉です。

「御社」は、相手を立てる必要がある場面で用いられます。交渉や商品をおすすめするシーンなど、取引先企業や顧客などに向けて言葉を発する場合は「御社」を使うのが一般的です。

取引先へのメールなどで「当社」を使うのは間違いとまではいえませんが、やや“上から”の印象を与える可能性があるため、当社・御社はきちんと使い分けるのが無難でしょう。

 

「貴社」は手紙やメール「御社」は会話のなかでと使い分ける

「貴社」は書き言葉なので、主にメールや手紙などの文書で用いられます。挨拶文の常套句として「貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます」「貴社のますますのご繁栄をお祈り申しあげます」 と用いるなど、使用する機会は多いでしょう。

話し言葉である「御社」は、主に会話のなかで用いられます。面接の場などで話す際は「貴社」ではなく「御社」と言うのが正しい言葉遣いです。

 

まとめ

意味はほとんど同じに思える当社・弊社、貴社・御社ですが、厳密には使用するべきシーンが異なります。

使い方を誤ると、常識がないと思われたり、場合によっては“上から目線”にとられたりもしかねません。正しい使い方をしっかりと覚えておきましょう。

IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。

 

また、IT業界は今後も伸び続ける成長産業であり、ビジネス職であってもエンジニアやデザイナーとコミュニケーションが取れる人材が今後求められます。そのためのスキルとしてプログラミングはこれからより求められるでしょう。

TechAcademyでは、IT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。