初心者でも簡単!Photoshopで画像を合成する方法

Adobe Photoshop(フォトショップ)を使って「画像を合成する方法」を紹介する記事です。合成にはレイヤーマスクを使用する方法などもありますが、ここでは一番簡単な元画像の一部をコピーして新規画像に貼り付ける方法を解説します。選択範囲の基本の作成方法を覚えましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

初心者の方でもAdobe Photoshopの使い方がわかる記事です。

今回のテーマは「画像を合成(結合)する方法」です。

この方法を覚えると、画像の編集がよりおもしろくなります。

Photoshopでは、複数の写真を簡単な手順で合成できますので、試してみましょう。

目次

 

田島悠介

今回は、画像合成の基本を練習してみよう。

大石ゆかり

田島メンター!!最初は何をしたらいいんでしょうか~?

田島悠介

まずは合成する画像を確認しよう。

極端に大きさが違う場合は、ある程度揃えないといけないからね。

大石ゆかり

なるほど、分かりました!次はどうしましょう?

田島悠介

用意ができたらさっそく画像の切り取りをしてみようか。

最初は選択範囲の作成だよ。

 

事前準備

まず、切り取りたい部分がある画像と、背景に使いたい画像の2枚を用意します。

切り取る側の画像を選ぶときは、各画像の明るさ・大きさなどがある程度似ているもので揃えると、編集がしやすくなります。

 

 

pgousei_0

今回はこの2枚の写真を使って簡単な合成をしてみます。

 

 

[PR] Webデザインで挫折しない学習方法を動画で公開中

切り取る画像の加工

最初に、切り取りたい方の画像を開きます。

pgousei_1

 

 

選択ツールのアイコンを右クリックし、「クイック選択ツール」を選びます。

シンプルな図形など、対象によっては「オブジェクト選択ツール」または、「自動選択ツール」でも可能です。

より精密な選択をしたい場合は、クイック選択ツールを使いましょう。

 

 

切り取りたい部分に沿ってドラッグし、選択します。

pgousei_3

 

「被写体を選択」コマンドを使う

「被写体を選択」コマンドを使うと、人物や対象物をワンクリックで精密に選択できます。

対象が表示されているレイヤーを選択した状態で、「被写体を選択」をクリックします。

 

 

対象に沿って選択範囲が作成されました。

ここで選択されていない部分や選択を解除したい部分がある場合は、先ほどの「クイック選択ツール」で調整できます。

花などの細かい部分は「境界線を調整」から「エッジの検出」内の「スマート半径」にチェックを入れます。

対象の部分をドラッグすることで、より正確に選択範囲を作成できます。

 

 

「編集」にある「コピー」を選びます。(Ctrl+cのショートカットキーを使ってもOKです)

pgousei_3_2

 

田島悠介

画像の切り取りはできたかな?

大石ゆかり

今コピーしたものを次の画像内に貼り付けるんですね。

田島悠介

Photoshop内では複数のファイルを開いて同時に作業できるからね。

もうひとつの画像を開いてみよう。

 

背景にする画像へ移動

続いて、コピーした画像を背景の画像に移動させてみましょう。

pgousei_4

 

 

切り取る画像をそのままにした状態で、次に背景にする画像を新規で開きます。

pgousei_5

ここでレイヤーを一つ追加します。

このように貼り付ける用のレイヤーを作成すると、後の編集がとても楽になります。

3枚以上の画像を合成するときにも、各画像ごとにレイヤーを分けておいた方が安心です。

たくさんのレイヤーを作成するときは、どんなパーツかがわかるように名前を付けておくと良いでしょう。

 

 

pgousei_6

追加したレイヤーを選択した状態で「編集」にある「ペースト」を選びます。(ショートカットキーも使えます)

 

 

pgousei_7

また、この時「特殊ペースト」から「同じ位置にペースト」を選ぶと、元の画像であった位置と同じところに貼り付けることができます。

 

 

pgousei_8

これが2枚の画像を合成した状態です。

 

 

pgousei_9

「移動ツール」を使うと、貼り付けたものを自由に動かすことができます。

また、前述のようにレイヤーを分けておけば、後でいつでもこのツールで動かすことが可能です。

 

 

pgousei_10

「編集」にある「変形」を使うことで大きさを変えたり、回転したりすることも可能です。

合成する2枚の画像のサイズが違うときなどに便利です。

これもレイヤーを分けておけばいつでも作業できます。

 

どうでしょうか?

思ったよりも簡単に写真の合成ができましたね。

ぜひ自分が持っている画像でも試してみてください。

 

田島悠介

透過の部分は下のレイヤーの情報が表示されるので、手前に見せたい画像ほど上のレイヤーに配置するんだ。

大石ゆかり

それぞれが別レイヤーだから、加工も別々にできるってことですね!

田島悠介

切り取る方の画像は、選択範囲内に余白がないように気をつけておくとより自然な合成になるよ。

場合によっては「選択範囲」→「選択範囲を変更」→「縮小」なども使ってみよう。

大石ゆかり

なるほど、ありがとうございます!

 

Photoshopで画像を切り抜く方法をまとめた記事もあるので、ぜひ一緒にご覧ください。

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも1週間でフォトレタッチをマスターできるオンラインPhotoshop講座を開催しています。現役デザイナーに毎日チャットで質問することができます。