もう一度基本を確認してみよう:正しい封筒の書き方

封筒の書き方は転職活動で応募書類を郵送しなければいけない際、悩むもの。電子メールが普及した今日、なかなか郵送で書面を送る機会がないことが原因でしょう。そんな、意外に知らない封筒の正しい書き方をご紹介。ぜひ、参考にしてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

応募書類を送付する際、電子メールではなく郵送する場合もまだまだ存在します。封筒に先方への宛名など必要事項を書くとき、キレイに書けば問題ないと思っている人も少なくありません。しかし、応募書類もビジネス書類のひとつ。特に転職の際はマナーを守って丁寧に、礼儀正しく書けているか否かが社会人としての印象を左右する重要なポイントです。

そこで、ここでは正しい封筒の書き方を解説していきます。しっかりと確認して好印象をつかみ取りましょう!

 

なお、本記事は、TechAcademyキャリアのコンサルタント監修のもとに執筆しています。

 

封筒に書いておくべき項目

封筒の宛名に書くべき項目は以下になります。

【表】

  • 応募企業の郵便番号、住所
  • 応募企業の会社名と部署名(ただし個人に宛てる場合は、会社名と部署名、採用担当者名を記載)
  • 「履歴書在中」や「応募書類在中」

【裏】

  • 自身の郵便番号と住所
  • 自身の氏名
  • 封かん日(マナー本によっては省略OKの場合もありますが、採用担当者が気づかなかったときでも早々に送付していたことがわかるのでおすすめです。)
  • 封締め(「〆」や「封」)

 

各項目の記述場所

次は、各項目の記述場所とポイントを解説していきます。バランスの取れたキレイな配置になるように注意しながら書きましょう。

【表】

①郵便番号と住所
郵便番号は郵便番号記載欄に明記します。もしこの欄がない場合は、封筒の右上に記述すれば問題ありません。住所は郵便番号欄から「1文字分」空間をとり、郵便番号欄の右端とラインを揃えるとキレイになります。

②会社名や部署名、担当者名
封筒の真ん中に部署名や担当者名がくるように、真ん中やや右に「会社名」を記述します。書き始めは住所の2文字目と合わせて「1文字分」下げて書きましょう。また、個人宛の場合で役職名もわかる場合は「役職名+名前」を真ん中に記述し、部署名は会社名の下か左に1文字下げて記述します。万が一、役職名が4文字を超える場合は、名前の上には記述しないで社名の左に記載しましょう。

また、部署名の場合は「御中」、担当者名の場合は「様」を忘れずにつけましょう。

③履歴書在中、応募書類在中
用意した封筒の仕様で記載があれば良いですが、記載が無い場合は必ず記述しておきましょう。記載の際は「赤文字」で記載し、定規を使って赤で四角く囲います。もしくは、市販されているスタンプを購入して押印してもOKです。

【裏】

①自身の郵便番号と住所、氏名
記述の仕方は表のときと同じです。ただし、郵便番号の記載欄がない封筒の場合でも必ず左側に記載するようにしましょう。住所及び会社名や部署名、氏名の末尾のラインを揃えるとキレイに見えます。

②封かん日
左上に「平成○年○月○○日」と投函日を記載すると丁寧です。

③封締め
封締めには「〆」や「封」などを記述します。一般的には「〆」マークが使われます。書類を入れて封をしたら、その上から封締めを記述しましょう。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング(20代限定)

書き方のNG例

最後に書き方の注意点を解説していきます。キレイに書けても誤字やマナー違反があってはNGです。ミスや礼儀を欠いていないかしっかりとチェックしてください。

【省略・誤字脱字】
「○○株式会社」を「○○(株)」と省略するのはマナー違反です。企業所在地が「○○町目△△番」と記載されている場合は正確に書き、建物名や階数なども省略せず正しく書きましょう。もちろん、自身の住所なども同様です。また、当然ですが誤字脱字は厳禁です。前株と後株の誤記はもちろん、「株式會社」のように旧字体を使っている会社もありますので、正式名称を正しく書いてください。

【敬称のつけ方】
敬称のつけ方には十分な注意が必要です。担当者名がわかっている場合は「人事部(○○課)○○様」、担当者がわからない場合は「株式会社○○ 人事部御中」または「株式会社○○ 人事部採用ご担当者様」とつけましょう。「株式会社○○御中 ○○様」のように「御中」と「様」の併用はNGです。

また、所属部署と役職がわかっている場合は「部署+役職+名前」で記載します。「人事部課長○○様」はOKですが、「人事部○○課長様」はNGですので注意してください。

 

まとめ

応募書類の宛名書きは社会人としてのマナーを見られるファーストコンタクトであり、第一印象を決定するカギにもなります。転職においては当たり前のこととして評価されますので、転職への第一歩として丁寧に取り組みましょう。

IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。

 

また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。

TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。