【例文・テンプレートあり】お見舞いメールの書き方を学ぼう

同僚や上司が入院をするなどの事態はなかなか経験するものではないでしょう。そのため、いざお見舞いの言葉をメールで連絡しようと考えても文面や体裁がよくわからないなんてことになりがちです。そんな、同僚や上司に宛てたお見舞いメールを解説していきます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

ケガや病気、災害や事故など、相手を励ます気持ちを込めてお見舞いのメールを送るときがあります。

ビジネスシーンにおいては、送る相手が上司や目上の方の場合、失礼がないようにマナーに気をつけてメールを作成することが大切。

ここではビジネスメールの書き方として、お見舞いメールについて紹介していきます。

 

なお、本記事は、TechAcademyキャリアのコンサルタント監修のもとに執筆しています。

 

お見舞いメール基本の構成とポイント

ビジネスメールの場合、時候の挨拶などの前文をつけるのが一般的ですが、お見舞いメールの場合は省略します。余裕のある態度でメールを送っていると感じさせないように、すぐに本題に入るのがポイントです。

本題としては、「相手を思いやる気持ち」や「援助を申し出る」、「相手の立場を理解し、励ましの言葉を述べる」といったことをベースに、相手のことを考えた内容の文章を作成しましょう。

 

例文・テンプレート

お見舞いメールの例として、病気で入院している上司へ向けたメールの例文(本文のみ)を紹介します。

件名:お加減いかがでしょうか(営業部 △△より)

○○部長
営業部の△△です。

今朝、○○部長がご病気で入院されたとお聞きし、大変驚きました。

日ごろよりご多忙でいらっしゃったので、
無理をなさっていたのではないかと心配しております。

その後、お加減はいかがでしょうか。

お仕事が気にかかることとは存じますが、
ここしばらくは健康回復につとめられ、
一日も早く退院なさいますことをお祈り申しあげます。

尚、ご返信はお気遣いないようお願いいたします。
近いうちに病院へお伺いしたく存じますが、取り急ぎメールにてお見舞い申し上げます。

特に仕事上の付き合いであるため、業務が問題ないことや返信が不要なことを記載して、相手に配慮した形式を心がけましょう。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

書き方のNG例

お見舞いメールの内容としてふさわしくないNG例を紹介します。

  • 病状にふれる内容

病状や病名には必要以上にふれないようにしましょう。病状が悪いほど人には言いたくないものです。相手の気持ちを汲んだ内容にすることが大切です。

  • 追伸は使わない

追伸は重なるイメージがあるため、お見舞いメールとしてはふさわしくありません。同じように、「ますます」や「いろいろ」、「たびたび」や「次々」など繰り返す言葉も避けましょう。

 

まとめ

病気やケガなどはいつ起きるか予想することはできません。いつでも対応できるようにお見舞いメールの書き方を覚えておくとよいでしょう。ビジネス上の付き合いがある相手には、仕事のことは心配しなくて済むようなひと言を添えるなど、相手の気持ちに寄り添った内容にするとよいでしょう。

弱っている相手にとって、お見舞いメールは自分を気遣ってくれているという気持ちが伝わり、嬉しくもあり、前向きな気持ちになれるきっかけになります。マナーを守って正しく相手に気持ちが伝わるようなメールを送ることが大切です。

IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。

 

また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。

TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。