頻出単語を一通り覚えて会話の理解力を高めよう:よく使うIT用語まとめ

IT業界には専門的な用語や良く使う単語が多くあります。業界の文化や仕事に慣れるためにも頻繁に使われる言葉は意味や使い方を知っておきたいものです。そんな、ITの用語で代表的なものを意味と併せて紹介。ぜひ、今後の知識の参考にしてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

IT用語はビジネスシーンで多用されますので、基本的な用語を知っておかなければ会話を円滑に進められないことも考えられます。IT業界の理解を深めるためにもこういった知識が必要ですが、日常の思わぬタイミングでも出てくるかもしれません。良く使われるIT用語について確認をしておきましょう。

 

なお、本記事は、TechAcademyキャリアのコンサルタント監修のもとに執筆しています。

 

サービスについての用語

ソリューション

ソリューションとは「解答する」や「解決する」という意味の言葉です。IT用語として使用する場合は、企業がビジネスやサービスをする上で抱えている問題や障害を解決したり、解決のために提供される情報システムのことを指して使用されます。ビジネスの高度化や複雑化、スピード化が進む中で、ただ単に情報システムの構築では解決できない問題が生じています。

課題の多様性に対応した、それぞれの顧客が抱える問題への最適なソリューションが必要となってきている背景があり、こういった包括的なシステムの提供がビジネスとして成立しています。ソリューションを提供する事業体を「ソリューションベンダー」や「ソリューションプロバイダ」と呼ぶことがあります。

オンデマンド

オンデマンドとは、ユーザーからの要求があった場合にサービスを提供することを指す言葉です。「デマンド」とは「要求」を意味し、Webブラウザ等を通して画像やコンテンツ配信をしている多くのデータ配信やWebサービスは「オンデマンド方式」といいます。具体的には、ゲームや動画配信、e-ラーニングなどがオンデマンドのインターネットサービスにあたります。

 

システム・技術についての用語

IoT

IoT (Internet of Things)とは、「モノのインターネット」と訳される言葉で、これまでインターネットに接続されていなかった多くの「モノ」に、センサーや電子デバイスを埋め込んでインターネットに接続し、クラウドに情報やデータを収集・蓄積することを可能にした仕組みのことをいいます。

IoTの例としては、エアコンをインターネットに接続することで、帰宅前に外出先からエアコンをつけたり、ウェアラブルデバイスによって服薬や睡眠、心拍数や消費カロリーの管理が実現でき、医療分野でのIotの広がりに期待がもたれています。

仮想化

仮想化とは、サーバーやメモリーなどのコンピュータの物理的なリソースを要求に応じて割り振ること。例えば、サーバーを仮想化させた場合、ベースとなる1台のサーバーを「物理サーバー」、仮想化されたサーバーを「仮想サーバー(論理サーバー)」とします。そうすることで1台のサーバーを複数のサーバーとして振舞わせることを可能とし、利用率が低い方のサーバーの余剰能力を有効利用することでコスト削減につなげることが可能です。

また、1台の仮想サーバーがダウンしてもサーバー上のOSやCPU、メモリなども分割されているので、他のサーバーに影響しないというメリットもあります。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

情報についての用語

データベース

データベースとは、コンピュータで相互に関連するデータを整理・統合し、必要なときに取り出し・閲覧できるように共有・検索・抽出を可能にするためにデータを格納したもの、またはその仕組みのことを指します。簡単に言えば一定の形式で整理されたデータの集まりです。

データベースを使用する理由は、「データを整理して蓄積し、情報として利用しやすくするため」です。データは多いほど利用価値、資産として力を発揮しますが、整理されていないと使いたい情報の抽出もままなりません。そこで、データベースを使用してデータを管理し、データを上手に活用します。

データベースの設計や運用、管理を行うエンジニアを「データベースエンジニア」や「データベースサイエンティスト」といい、ビッグデータ(膨大なデータ)を扱う企業には必要な人材となっています。

ビッグデータ

ビッグデータとは、従来のデータ管理ツールやデータ処理アプリケーション等では処理や解析が困難であり、しかも爆発的に増加していく膨大で複雑なデータの集合のことをいいます。具体的には、Googleなどのネット検索サービスが検索対象としているWeb上のデータや、FacebookやTwitter等のソーシャルサービスへ書き込まれるデータ、ICカード等の利用履歴などの常に増加し続けるデータを指します。

ビッグデータを解析して活用することにより、人々の行動パターンや交通状況をリアルタイムに把握し、省エネルギーやコスト削減等が可能になっています。ビッグデータの解析には専門職の「データベースサイエンティスト」等が欠かせず、様々な企業やITベンダーで求められています。

 

まとめ

IT用語は今や日常のいたるところで使用されていますが、ビジネスでよく使用される用語に関しては、IT業界の仕事に対応するために理解を深めておく必要があります。ITは業界に関係がなくてもに身の周りに当たり前にありますので、予想もしていないときに会話に飛び込んでくるかもしれません。今一度、IT用語について確認をしておきましょう。

IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。

 

また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。

TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。