心がけによって仕事を円滑に!年下上司・年下先輩との接し方

会社では様々な年齢の人が中途社員として入社してきます。そんな時よくあることが、年下上司や年下先輩ができてしまうこと。社会人としてのキャリアはあっても同じ会社内では…ということがあるはず。そんな時、どのような接し方をすべきか紹介していきます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

年功序列で働く時代が終わり実力至上主義の環境になりつつある中、年下上司・年下先輩という関係性で働くことも珍しくありません。

ここでは、年下の上司や先輩と円滑な人間関係を保てるように、言葉遣いや付き合い方について紹介します。

 

なお、本記事は、TechAcademyキャリアのコンサルタント監修のもとに執筆しています。

 

言葉遣いについて

年下上司・年下先輩との関係性において、トラブルになりがちなのが言葉遣いです。年下に対してタメ口で会話をするのはごく一般的と考える一方、相手が上司や先輩であった場合、年下に限らず親しい間柄の場合でも敬語を使うのがマナーという考え方があります。とはいえ、たとえ上司や先輩であれ、自分よりも年下の相手に敬語を使うことに対して抵抗を感じる方も少なくありません。

ここで気をつけておきたいのが年齢による優位性が通用しないということです。基本的に、上司や先輩が年下の場合でも敬語で話すのがマスト。自分より早く昇進した年下上司、転職先で自分よりも長くその職場で働いている年下先輩など、自分よりも優れた知識やスキルを持つ人に対しては、年齢は関係なく敬意を払うことが大切です。

中には、年下上司の仕事の進め方や拙いマネジメントなどに疑問を感じたり、仕事はバリバリできるけど、誰に対しても言葉遣いが悪い年下上司や先輩など、年上として厳しい意見を言うべき場面があるかもしれません。そういった場面でも、敬語で伝えるようにしましょう。ただし、場面によってはフレンドリーな口調を挟んでいくことで、年下上司や先輩との絆が深くなることもあります。二人きりのときや、プライベートな相談を受けた時など、人生の先輩として接することで上司の心をつかむための戦略として有効です。

 

姿勢・付き合い方

年下上司や年下先輩と円滑に付き合っていくために心がけておきたいポイントは次の通りです。

【社会人スキルを発揮しサポート役として努める】
年下であるがゆえの経験不足により、クライアント先で上手く立ち回れなかったり、人を動かすときの伝え方が乱暴になるなど、仕事に対する能力以外の面で未熟な部分が見付かることは少なくありません。年上の部下や後輩は、そういった上司や先輩を見て疑問を感じてしまうかもしれませんが、年下上司や先輩なりに上手く振舞えるように頑張っていることをまずは理解することが大切です。

部下は上司を支えるべき存在です。年上としての社会人スキルを発揮し、上司がリーダーシップやマネジメントを上手くできるよう、サポートしてあげるようにしましょう。

【積極的にコミュニケーションをとる】
年下上司・年下先輩とは、年齢と立場のギャップが原因によるトラブルが少なくありません。ギャップを埋めるためには積極的にコミュニケーションを取り、フラットな目線で接することが大切です。

人間関係を構築するためには受身ではなく「与えること」を意識して行動するのがおすすめ。特に、部下や後輩が年上だと遠慮をしてしまう上司もいます。そのように感じる場合は、年上から積極的にコミュニケーションを取るようにしましょう。

【あくまで仕事と割り切ること】
働き方の多様性もある昨今、年上は敬意を示されるのが当たり前、年下はそれをわきまえて振舞うのが当たり前、といった考えを持っていると円滑な人間関係が築けないこともあります。仕事をしていく上で、年齢や立場は関係なく、相手に敬意を持って接することは社会人としての基本的なマナーです。中にはそれが出来ない方もいますが、相手の態度に過剰反応せず、軽く受け流す余裕を持てればベスト。

どうしても気になるのであれば「お給料をもらうために働いているから仕方ない」「家族や趣味のために働いている」など、あくまでも仕事と割り切ることが大切です。

【年下上司・年下先輩と対立しない】
部下は上司を選べないが常である以上、年下上司や先輩と関係が悪化した場合、会社側の判断としては部下が不利になることが少なくありません。なぜなら上司は会社側が選んだ人材だからです。年下上司や先輩が会社に大打撃を与えるような不正や問題を抱えている場合は別ですが、上司のマネジメントの範囲内の不満については、会社として問題を取り合ってくれる可能性は低いと考えた方が良いでしょう。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

まとめ

学生時代はもとより、社会に出てからも年功序列を意識して過ごしてきた世代にとって、立場と年齢のギャップを意識しがちです。実力至上主義の企業が増える中、年下上司・年下先輩の存在は今以上に当たり前になってきます。会社で働く上では、年齢や立場など関係なく、丁寧な言葉遣いを心がけるなど、相手に敬意を持って接することが大切です。年下上司・年下先輩と円滑な人間関係を構築するためにも、時には人生の先輩として、年下ならではの未熟さをフォローしたり、コミュニケーションを積極的に図っていくことが大切です。

IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。

 

また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。

TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。