【例文あり】敬語で言いたいときはどうする?「都合がつく」の場合

ビジネスシーンでは往訪や来訪の約束をすることが多いはず。約束をとりかわす場合に「都合がつく」と返信する際はどのような言い回しが正しく、敬語として使うことができるのか。正しい意味の解説と例文を交えて解説していきますので参考にしてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

ビジネスシーンでは社内外問わず、予定を伺う機会が日常的にあります。その際に使われる表現が「都合がつく」です。ここでは敬語で「都合がつく」を表現する場合について詳しく説明していきます。

 

なお、本記事は、TechAcademyキャリアのコンサルタント監修のもとに執筆しています。

 

「都合がつく」を敬語で言うと

ビジネスシーンで「都合がつく」を使う場合、ビジネスにおける予定や日程が合うかどうかを示すことになります。敬語で伝える場面が多くなるため、都合の前に「ご」をつけて「ご都合」とすることで敬語表現になります。

丁寧な表現をする場合、「ご」か「お」をつけることがあります。「ご」は漢語(音読みのもの)に使用し、「お」は和語(訓読みのもの)に使用します。例としては、「都合」「連絡」「依頼」などは全て「ご都合」「ご連絡」「ご依頼」となります。一方、「断り」「話(はなし)」などは「お断り」「お話」となります。中には「お時間」のような例外もありますが、基本的にはつける言葉が主に音読みか訓読みかによって使い分けをします。

 

例文

「都合がつく」の具体的な敬語表現の例は次の通りです。

【予定を伺いたい場合】
「ご都合がつく日程をお知らせくださいますようお願いいたします」
「ご都合がつく日程をお伺いしたいのですがよろしいでしょうか」
「ご都合のつくお時間をご指定ください」

【日程を指定して伺う場合】
「○月○日までに、ご都合がつく日程をお聞かせいただければ幸いです」
「勝手ながら、○日までにご都合がつく日程をお聞かせください」
「ご都合のほどを○月○日までに同封のハガキにてご一報くださいますようお願いいたします」

【決まっている日時に予定を合わせて欲しい場合】
「○日△時に御社にお伺いしたいのですが、ご都合はよろしいでしょうか」
「○月○日に懇親会を予定しております。ご都合がつきましたらご参加ください」

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

使い方のNG例

「都合がつく」のNG例は次の通りです。

  • 「ご都合はどうですか」

敬語表現である「ご都合」に対し、「どうですか」はカジュアルすぎる表現です。「どうですか」は「いかがですか」や「いかがでしょうか」など、丁寧な表現に置き換えるようにしましょう。

  • 「ご都合がつく日程をお聞かせください」

「ご都合がつく日程を」という表現は間違いではありませんが、少々回りくどい印象があります。こういった場合は「ご都合のほど」という表現に置き換えるとスマートな言い回しになります。

 

まとめ

ビジネスシーンでは、予定を調整して日程を合わせることが日常的に行われます。その中で「都合がつく」という言葉は予定を調整するためにも必要な表現です。

ビジネスシーンでは相手に敬意を示すことが大切ですから、「都合がつく」も「ご」をつけることで敬語表現をするのが一般的です。ビジネスを円滑に進めるためにも、正しい言い回しを理解し使い分けることが大切です。

IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。

 

また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。

TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。