条件分岐を覚える!Pythonでif文を使う方法【初心者向け】

初心者向けにPython(パイソン)でif文を使う方法について解説しています。条件分岐の処理を行う際の基礎知識でプログラミングを覚える上では必須です。実際にプログラムを書いて説明しているので、参考にしてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Pythonでif文を使う方法について説明しています。

if文は条件分岐を行う際に使用しますが、様々なシーンで使う必須知識なので、基本として理解しておくと良いでしょう。プログラミング全般で必要とされます。

 

なお本記事は、TechAcademyのPythonオンライン講座の内容をもとにしています。

 

if文とは

if文はもし◯◯だったらという条件に合う時に、〜〜するという処理を行うための命令文です。

if文で行う処理を日本語で考えてみると、次のようになります。

もし、やりたいことが、プログラミング学習であればあれば、 テックアカデミーと表示する

 

if文の書き方

if文の文法は次のようになります。

if 変数 == '変数と比べる文字列1':
□□if文の条件と一致する場合実行する処理
elif 変数 == '変数と比べる文字列2':
□□elif文の条件と一致する場合実行する処理
else:
□□if文の条件と一致しない場合実行する処理

今回、赤色で示した文字「:」と「」の2箇所は、Python特有の文法です。

ヘッダー行の終わりにコロンを使用する文法はPython独自の文法です。

 

1. 「:」は条件文のヘッダー行の終わりを意味します

最初の行はヘッダー行と呼ばれ、条件内容を記載します。

if 変数 == '変数と比べる文字列1':

このようにヘッダー行の終わりを意味するのが :(コロン)になります。

このコロンはヘッダー行の終わりに必ず使用してください。

ヘッダー行の終わりにコロンを使用する文法はPython独自の文法です。

 

2. 「□□」は条件文内の処理内容を意味します

赤いは本来表示されませんが、説明のためにあえて表示しています。プログラミング全般で使用される「インデント」という考え方です。

インデントは一般的にはプログラムを見やすく、分かりやすくするために行頭を揃えるような意味合いで使用されますが、Pythonでは、インデントを使用することで、1で示された条件文に対応する処理内容のまとまりであることを意味します。

このまとまりのことを「ステートメントブロック」と言います。

なお、インデントする際は、半角スペース2文字や4文字で設定されるタブ文字を入力します。

タブ文字は、TABキーを押すことで入力が可能です。

このタブ文字で字下げする文法はPython独自の文法です。

 

3.if文

if文における基本です。

もし~という条件指定を行う場合、必ずif文を利用します。

この点は、多くのプログラミング言語で共通するものです。

 

4.elif

elifはelse ifを省略した書き方です。

他のプログラミング言語ではelseif や else ifという記載方法です。

Pythonではelifと記載します。

もし、elifを利用しない場合次のようにコードが長くなります。

if 変数 == '変数と比べる文字列1':
□□if文の条件と一致する場合実行する処理
else:
□□if 変数 == '変数と比べる文字列2':
□□□□2つめのif文の条件と一致する場合実行する処理
□□else:
□□□□2つ目のif文の条件と一致しない場合実行する処理

 

5.elseはif条件文と一致しない場合を意味します

elseはifやelifの条件文と一致しない場合の条件を意味します。

今回の場合変数 == ‘変数と比べる文字列1’と ‘変数と比べる文字列2’が一致しない場合はelseのヘッダー行処理が実行されます。

実際に実行されるステートメントブロックはif文の条件と一致しない場合実行する処理です。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

if文を実際に書いてみよう

それでは、if文を実際に書いてみます。

今回は、「mokuteki」という変数名にオンラインプログラミングスクールを入れます。

そして、if文の条件と合致する場合は、テックアカデミーと表示します。

if文の条件と合致しない場合はelseのステートメントブロックにある、検索して探すを表示します。

Pythonでは予約語と呼ばれる事前に定められた単語以外であれば、英数文字と_(アンダースコア)を使用したものであれば、変数名や配列名として使用することができます。

ただし、予約語から始まる文字列や数字から始まる文字列を指定することはできません。

 

ソースコード

mokuteki = 'オンラインプログラミングスクール'
if mokuteki == 'オンラインプログラミングスクール':
  print ('テックアカデミーでプログラミングを学習する')
else:
  print ('オンラインプログラミングスクール以外の目的をWebで検索する')

 

表示結果

テックアカデミーでプログラミングを学習する

今回は、変数mokutekiにif文の条件と同じオンラインプログラミングスクールという値が入っていたので、テックアカデミーでプログラミングを学習するという結果が表示されました。

もし、変数mokutekiに別の内容が入っていた場合は、オンラインプログラミングスクール以外の目的をWebで検索すると表示されます。

 

今回は、Pythonでif文を使用する方法を解説しました。

if文とelse文を使用することで、複雑な条件を設定したプログラミングを実装することができます。

入門向けPythonの学習サイトも記事にしているので、学習したい方は参考にしてみてください。

 

また、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではPythonを使って機械学習の基礎を学ぶPythonオンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使って人工知能(AI)や機械学習について学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

独学に限界を感じている方はぜひご覧ください。

この記事を監修してくれた方

中本賢吾(なかもとけんご)
アジマッチ有限会社 代表取締役社長

開発実績:PHPフレームワークを利用した会員制SNS・ネットショップ構築、AWSや専用サーバー下でLinuxを使用したセキュアな環境構築、人工知能を利用したシステム開発、店舗検索スマホアプリ開発など。

その他にも地域の職業プログラマー育成活動を行い、2018年には小学生がUnityで開発したオリジナルAndroidアプリをGooglePlayでリリース。ゲームで遊ぶより作ろうぜ!を合言葉に、小学生でも起業できる技術力を育成可能で有ることを証明し続けている。