文字列を分割する!Pythonでsplitを使う方法【初心者向け】

初心者向けにPythonでsplit関数を使う方法について解説しています。文字列を分割する方法、分割した文字列を配列で取得する方法について書き方を紹介しています。実際にサンプルプログラムを書いているので、実際に書いて理解していきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Pythonでsplit関数を使う方法を説明します。

文字列を分割することができる関数で、実際にソースを書きながら解説しているので、参考にしながら自分でも書いてみてください。より早く理解できるはずです。

 

なお本記事は、TechAcademyのPythonオンライン講座の内容をもとにしています。

 

split関数とは

Pythonのsplit関数では、与えられた文字列を、自分で決めたルールに基づいて分割後、分割した文字列を配列で取得するすることができます。

自分で決めたルールとは、例えば‘オンライン、プログラミング、学習スクール、テックアカデミー’という文字列を「」で分割するルールを自分で決めることができることを意味します。

split前データ

オンライン、プログラミング、学習スクール、テックアカデミー

 

splitする文法例

このデータを「、」でsplitするには次のように記載します。

result = 'オンライン、プログラミング、学習スクール、テックアカデミー'.split('、')

結果は、配列resultには次のような形で格納されます。

配列に格納されたデータ

['オンライン', 'プログラミング', '学習スクール', 'テックアカデミー']

そして、配列内の値をひとつづつ表示すると次のようになります。

表示したsplit後データ

オンライン
プログラミング
学習スクール
テックアカデミー

 

splitする回数の指定

splitではsplitする回数を指定する事が可能です。

例えば次のように1回だけsplitするように指定します。

result = 'オンライン、プログラミング、学習スクール、テックアカデミー'.split('、',1)

これにより、1回だけsplit処理が行われ、ひとつづつ表示すると次のような結果になります。

オンライン
プログラミング、学習スクール、テックアカデミー

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

split関数の書き方

Pythonのsplit関数の文法は次のようになります。

変数1 = '区切り文字を含む文字列'
配列 = 変数.split('区切り文字')
for 変数2 in 配列:
  print(変数2)

 

変数とは、値を入れる箱を意味します。

配列とは、変数のように1つの箱ですが、箱の中をさらに幾つかの箱に分けることで、複数の値を入れることができる箱を意味します。

変数2とは変数と同じものです。ここでは、変数1と違う名称で使用するために、変数2と説明していますが、実際は名前が違う変数です。

Pythonでは予約語と呼ばれる事前に定められた単語以外であれば、英数文字と_(アンダースコア)を使用したものであれば、変数名や配列名として使用することができます。

 

最初の変数に’区切り文字を含む文字列’を代入しています。

次の配列に、’区切り文字’で指定した文字を元に’区切り文字を含む文字列’をsplitで区切った後、変数に代入しています。

そして、for文を利用して、配列に入った文字列を一つ一つ表示します。

 

Pythonのsplitメソッドを実際に書いてみよう

今回は、日本語のという文字を区切り文字にして、実際にPythonのsplitメソッドを使用して書いてみます。

 

プログラムソースコード

hensu1 = "初心者のオンラインのプログラミングのおすすめのスクールのテックアカデミー"
hairetu = hensu1.split('の')
for hensu2 in hairetu:
  print(hensu2)

 

表示結果

初心者
オンライン
プログラミング
おすすめ
スクール
テックアカデミー

実際に書いてみようの説明の最初にある、「日本語ののという文字」という文章自体が人間の目だと認識しにくいと思います。

しかし、コンピューターにとっては単なる文字列であるため、splitで区切る事は簡単に可能です。

このsplitメソッドのように、文字列をコンピューターに認識させ分割させることで、AIが自動応答するような分野で使う自然言語処理でPythonを有効活用することができます。

 

今回はPythonでsplitを使う方法を説明しました。

入門向けPythonの学習サイトも記事にしているので、学習したい方は参考にしてみてください。

 

また、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではPythonを使って機械学習の基礎を学ぶPythonオンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使って人工知能(AI)や機械学習について学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

独学に限界を感じている方はぜひご覧ください。

この記事を監修してくれた方

中本賢吾(なかもとけんご)
アジマッチ有限会社 代表取締役社長

開発実績:PHPフレームワークを利用した会員制SNS・ネットショップ構築、AWSや専用サーバー下でLinuxを使用したセキュアな環境構築、人工知能を利用したシステム開発、店舗検索スマホアプリ開発など。

その他にも地域の職業プログラマー育成活動を行い、2018年には小学生がUnityで開発したオリジナルAndroidアプリをGooglePlayでリリース。ゲームで遊ぶより作ろうぜ!を合言葉に、小学生でも起業できる技術力を育成可能で有ることを証明し続けている。