効率よく開発できる!Pythonでimportを使う方法【初心者向け】

初心者向けにPythonでimportを使う方法について解説しています。モジュールやパッケージを読み込む方法を詳しく知りたい方は参考にしてみてください。書き方を説明し、サンプルプログラムを書いているので、実際に書きながら理解しましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

今回は、Pythonでimportを使う方法を解説します。

効率よく開発するために覚えておきたい知識です。実際の使い方、書き方を解説しているので、どういう風に利用するのか知っておくと良いでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのPythonオンライン講座の内容をもとにしています。

 

importとは

Pythonのimportとは、モジュール(module)やパッケージ(package)を読み込む方法です。

モジュールとは、よく使うコードを他のプログラムでも再利用しやすいようにしたファイルのことをいいます。

パッケージとは、モジュールをまとめたものです。同じような機能を持つ複数のモジュールがある場合、それを一つ一つ読み込むのではなく、パッケージディレクトリとしてまとめることで、モジュールが集まった多機能のパッケージが作成されます。

1つのモジュールに多機能のコードを詰め込み、モジュールをimportすることでもプログラムは動作します。しかし、1つのモジュールに多機能のコードを詰め込んでしまうと、どの機能をどの部分で実装したかわからなくなります。

また、モジュールをファイル毎に分けることで、必要なモジュールだけで再構成した別のパッケージを作ることも簡単になるメリットがあります。

 

パッケージは、対象とするディレクトリに、__init__.pyというファイルを作成することでパッケージと認識されます。

ディレクトリとはフォルダと同じような意味です。サーバーで使用する場合フォルダのことをディレクトリと言います。

__init__.pyのファイル名の_(アンダースコア)は2つ使用する点に注意してください。

 

モジュールをimportする方法

実行の際、online.pyという名前のモジュールをimportして実行する場合、main.pyという実行ファイルの最初に、import onlineと記載することで実行可能です。

online.pyファイルのdef tenshoku()では、defを使用してtenshokuというメソッドを宣言します。

print(“未経験からプログラマーとして転職”)では、print文を使用して、文字を表示しています。

実行時のディレクトリ構成

|--main.py
|--online.py

 

main.pyのソースコード

import online
online.tenshoku()

 

online.pyのソースコード

def tenshoku():
  print("未経験からプログラマーとして転職")

 

実行結果

未経験からプログラマーとして転職

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

モジュールの場所が異なる階層の場合

先程のmain.pyでimportする際、main.pyとonline.pyは同じ階層に存在する必要があります。

例えば、次のように、main.pyを基準として、online.pyひとつ下のkantanディレクトリで実行する場合、先程のプログラムでは実行できません。

|--main.py
|--kantan
  |--online.py

この場合次のように記載することで動作します。

from kantan import online

 

実際にパッケージをimportしてみる

複数のモジュールを組み合わせたパッケージのimportは次のように行います。

 

kantanパッケージのディレクトリ構成

|--main.py
|--kantan
  |--__init__.py
  |--online.py
  |--school.py

 

main.pyのソースコード

import kantan
kantan.online.tenshoku()

 

__init__.pyのソースコード

from . import online
from . import school

 

online.pyのソースコード

def tenshoku():
  print("未経験からプログラマーとして転職")

 

表示結果

未経験からプログラマーとして転職

main.pyのimport kantanでkantanパッケージをimportしています。

main.pyでkantan.online.tenshoku()を記載することで、onlineモジュールのtenshokuメソッドを実行しています。

kantanディレクトリに__init__.pyを作成し、from . import onlineとfrom . import schoolを記載することで、onlineモジュールとschoolモジュールが存在することを示しています。

 

今回はPythonでimportを使う方法を解説しました。

入門向けPythonの学習サイトも記事にしているので、学習したい方は参考にしてみてください。

 

また、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではPythonを使って機械学習の基礎を学ぶPythonオンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使って人工知能(AI)や機械学習について学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

独学に限界を感じている方はぜひご覧ください。