「MOONBlock(ムーンブロック)」をやってみた【体験レポート】

ビジュアルプログラミング言語「MOONBlock(ムーンブロック)」の体験レポートです。ブロックを組み合わせるだけで、視覚的にプログラミング体験ができる言語です。JavaScriptのコードに変換できるという特徴もあります。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

プログラミング初心者でも簡単に始められるプログラミング言語として、ビジュアルプログラミング言語というものがあります。

その中でも、有名なMOONBlock(ムーンブロック)を実際に使ってみた体験レポートをお届けします。

 

なお、MOONBlockは書籍教養としてのプログラミング講座でも、プログラミング体験ができる章で紹介されています。

 

MOONBlockとは

ムーンブロック

プログラミングと聞くと、知らない人にとってはコードの羅列ばかりで難しそうという印象を持つかもしれません。そんな方でも、視覚的な操作でプログラミング体験ができるものとして、ビジュアルプログラミング言語があります。Scratchなども有名です。

そのビジュアルプログラミング言語として国内で開発されたのが「MOONBlock」です。

 

「MOONBlock」に必要な環境はWebブラウザだけなので、開発環境の設定などはありません。ただし、Internet Explorerの一部のバージョンでは使えない場合があるので、Google ChromeやFirefoxを使うようにしましょう。

 

今まで、プログラミングに敷居の高さを感じて敬遠していた大人の方はもちろん、プログラミング体験をしてみたい子供でも簡単に始めることができます。

 

MOONBlockの特徴

MOONBlockは、複雑な命令文や英数字などの文字を打ち込む必要はなく、ブロックを組み合わせて並べるだけで直感的にプログラミング体験ができるという特徴があります。

文字も少なく、くまなどのパペットを動かすことができるので、楽しくプログラミング体験ができます。お子さんでも楽しめることでしょう。

 

また、国内のツールですので、もちろん日本語で使うことができます。

MOONBlock使い方

見た目の印象だけではなく、実際にプログラミングを作る際も直感的なわかりやすさが徹底されており、この画面のように、

  • ブロックを選んで
  • ブロックを並べて
  • ブロックにさせることを選んで
  • ブロックに値を与える

といった組み合わせですぐに使うことができました。

 

他にも、簡単なゲームをMOONBlock上で作れる という特徴があります。

MOONBlockのサイトでは、ゲームのサンプルもアップされているので、もう少し本格的に使ってみたい場合はチェックするとよいでしょう。

 

[PR] 子どもにプログラミングを教えたい人向けの学習方法を動画で公開中

プログラミングのステップアップのために

ここまで紹介した特徴は他のビジュアルプログラミング言語でもあるものですが、MOONBlockではJavaScriptのコードを見ることができるのが良い点です。

ブロックを組み合わせていくと、だんだんと実際のプログラミングコードはどう書けばいいのかが気になってくると思います。そんなときはJavaScriptのコードを確認してみましょう。

 

JavaScriptのコードを見るには、「ソースコード」のボタンをクリックするだけです。

するとこのように表示されます。

JavaScript

 

ブロックを組み合わせる→ソースコードをチェックするを繰り返していけば、プログラムがどういう手順で動いているのかがだんだんと理解できるようになっていきます。

理解できてきたら、JavaScriptを詳しく学んでいくのもよいでしょう。

 

ぜひ自分でも使ってみてください!
似たようなサイトとしてVISCUIT(ビスケット)もおすすめです。

[お知らせ]TechAcademyではプログラミング初心者でも最短4週間でエンジニアになれるオンラインブートキャンプを開催しています。本格的にプログラミングを学びたい場合はご参加ください。