文字列を置換!Javaでreplaceを使う方法【初心者向け】

初心者向けにJavaでreplaceメソッドを使う方法について解説しています。文字列を置き換える非常に便利なメソッドをいくつかの書き方を説明しています。ソースコードを実際に書きながら覚えていきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

この記事では、JavaのStringクラスのreplaceメソッドについて解説します。

文字列の置き換えを行いたい際に便利なメソッドです。

 

なお本記事は、TechAcademyのJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

replaceメソッドの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

replaceとは

Stringクラスのreplaceメソッドを使うと、文字列の置換ができるようになります。

文字列を置換するとは、文字列を「おきかえる」ことです。

例えば

“私はヒヨコです。”

という文章で、”ヒヨコ”を”ニワトリ”に置換すると

“私はニワトリです。” となります。

01

 

replaceの書き方

replaceメソッドの第一引数に置換前文字列を指定し、第二引数に置換後文字列を指定します。

"置換したい文字列が含まれる文字列".replace("置換前文字列","置換後文字列");

先ほどのヒヨコとニワトリの例では

"私はヒヨコです。".replace("ヒヨコ","ニワトリ");

となります。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

ソースコード

public static void main(String[] args) {

  // 置換したい文字列が含まれる文字列
  String strBefore = "今日はクリスマスです。";

  // "クリスマス"→"お正月"に置換
  String strAfter = strBefore.replace("クリスマス", "お正月");

  System.out.println(strAfter);

}

“今日はクリスマスです。”という文章から、”クリスマス”の部分を”お正月”に置換しました。

実行結果

今日はお正月です。

となります。

 

置換する箇所が複数ある場合

下記のように、置換する箇所が複数ある場合では、該当箇所が全て置換されます。

ソースコード

public static void main(String[] args) {

  // 置換したい文字列が含まれる文字列
  String strBefore = "今日はクリスマスです。クリスマスは家族と過ごします。";

  // "クリスマス"→"お正月"に置換
  String strAfter = strBefore.replace("クリスマス", "お正月");

  System.out.println(strAfter);

}

 

実行結果

今日はお正月です。お正月は家族と過ごします。

になります。

 

先頭から順置換する

下記の例では、”あああああ”とい文字列から、”あああ”の部分を”い” に置換します。

ソースコード

public static void main(String[] args) {

  // 置換前文字列
  String strBefore = "あああああ";

  // "あああ"→"い" に置換
  String strAfter = strBefore.replace("あああ", "い");

  System.out.println(strAfter);

}

 

実行結果

いああ

になります。

 

置換は先頭から順に行っていくので

“あいあ” や “ああい”のようにはなりません。

 

入門向けJavaの学習サイトもまとめているので、合わせてご覧ください。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

また、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、Java講座を開催しています。

JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。