今さら聞けない!Javaとは 【初心者向け】

初心者向けにJavaとはどんな言語なのかについて詳しく解説しています。Javaに興味はあるけど使った事はないという人は、Javaが人気な理由など理解できるはずです。他のプログラミング言語とも比較しているのでぜひご覧ください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

「Javaとは聞いた事があるけど何が便利なのか分からない」といった初心者の方向けにJavaについて詳しく見ていきます。Javaはプログラミング言語の中でも人気な言語ですので、使えるようになれば仕事も多く手に入るはずです。

これからJavaを勉強しようと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

なお本記事は、KiRAMEXの就職保証付きJavaエンジニア講座の内容をもとに紹介しています。

 

目次

 

Javaとは

Javaとはプログラミング言語の1つです。 世界的に見ても使用されている言語、習得したい言語として1位を記録するほどに期待度の高い言語です。

なぜ、ここまで人気が高いのかを説明すると、「Javaは多くの現場で使われていること」、「汎用的でOSに依存しない」などの理由がある。 OSに依存しないという点は大きく、作成したソフトが動く環境を考えるというのはプログラマーにとって大変な問題です。

OSXなのかWindowsなのかでさえもとても重要な問題です。 そんな中でも動くプラットフォームを多く提供してくれるJavaという言語は人気が高いといえるでしょう。

また、様々な言語のもとになっているという点でもJavaはその点でも優れているともいえるでしょう。

 

[PR] Javaを習得してIT企業へエンジニアとして就職する方法とは

Javaでどんなことができるか

JavaはOSに依存をしないことからどんな環境でもソフトを動かすことができます。

例えば、今はもう見なくなってきたガラパゴス携帯(ガラケー)でもJavaを使ったアプリケーションを組むことができます。 また、Javaはサーバーサイドでも活躍しています。

サーバーサイドとはサーバー側で動くアプリケーションのことで、Web上のアプリケーションなどが良い例だと思います。 そのような意味ではJavaはWebとも相性が良く、総じていえばどんなものにも搭載されているマルチな言語であるという事ができるでしょう。

Javaを使うためにはインストールする必要がありますので、インストール方法も合わせてご覧ください。

 

Javaを使うメリット

処理速度が速い

Javaは、起動にコンパイルを必要とするコンパイラ言語であるためRubyやPHP, Pythonといった言語よりも処理速度が速いのが特徴です。

 

プラットフォームに依存しない

OSに関係なく、Windows, iOS, Linuxで動作させることができる言語です。

 

オブジェクト指向である

プログラムの管理を細かく行うことができるので、複数人で同じものを開発するときなど作業効率が上がるでしょう。

 

Javaによるデメリット

プログラミング以外の作業が面倒

Javaはプログラムを実行するためにコンパイルという作業をするなどWebアプリケーションを起動する時間がかかります。

JavaはEclipseという環境で使われることが多い言語ですが、事前準備や開発環境を整える作業が多くなるでしょう。

 

学習環境が少ない

if文などの文法は独学でも学習することができますが、実践的にアプリケーションを作る環境はなかなかありません。企業もRubyやPHPといった言語を使うところが増えているので、身近で教えてくれる人もなかなか見つからないかもしれません。

 

Javaの書き方

Javaとはオブジェクト指向という方法で書かれた言語系です。 似たものの中に、C#やRubyなどがあり、classを使った書き方です。

プログラムを小さな部品の様に分けていくプログラムの書き方をします。 これがオブジェクト指向型と言います。

Javaはオブジェクト指向型のプログラミングをするという事を覚えておきましょう。 上記にあげたように、Javaは世界的に見ても有名な言語で世界で書けるという方は多くいます。 これから勉強するという方はぜひ習得に励んでみてください。

 

Javaの基本構文

Javaなどプログラミングでよく使う構文についていくつか紹介していきます。

これからプログラミングをしていく中で毎回のように出てくる基礎的な内容なので、今後のために書き方を覚えておきましょう。

if文

if文は、「もし◯◯したら〜する」といった条件分岐を作るのに使用する便利な構文です。

if(sample1 && sample2){
  //sample1とsample2がどちらもtrueだった場合の処理
  System.out.println("sample1とsample2はどちらもtrueです");

}

 

for文

for文は、繰り返し処理をする際に使用します。例えば1~100までの数字を1つずつ手動で足していくのは面倒ですが、for文を使えば一瞬で処理が完了します。

for($i = 1; $i < 10; $i++ ){
  //行う処理の繰り返し
}
  • 「$i」は、数値や文字を入れる変数と呼ばれる箱
  • 「$i = 1;」は、箱に1という数値を代入
  • 「$ < 10;」は、10未満までの間繰り返し処理を行う
  • 「$i++」は、繰り返し処理が終わったら$iを1つずつ増やしていく

上記のような流れで、$1の数値が10未満まで繰り返し処理が行われるといった内容にいます。

今はまだ、何をやっているか分からないかもしれませんが学習を進めていく中で理解できるポイントが来ます。ぜひ自分でも書いてみましょう。

 

以上、Javaとはどんなプログラミング言語なのか紹介しました。

Webやスマホアプリなど様々なシチュエーションで使う言語なので、Javaをマスターすれば仕事には困らないはずです。

またJavaを勉強しておくと、ほかのオブジェクト指向の言語を習得しやすくなるかと思います。 なんでもできるJavaの世界を楽しんでいきましょう。

入門向けのJava学習サイトも紹介しているので、合わせてご覧ください。

[お知らせ]KiRAMEXでは初心者でも8週間でJavaエンジニアになれる「就職保証付き」オンラインブートキャンプを開催しています。IT企業でエンジニアとして働きたいという方はぜひご覧ください。