RubyでCSVファイルにヘッダ(Header) を作成する方法【初心者向け】

初心者向けにRubyでCSVファイルにヘッダ(Header) を作成する方法について解説しています。RubyでCSVファイルを扱う際に必要な知識になります。 実際の例を踏まえてヘッダの操作について学んでいきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

RubyでCSVファイルにヘッダ(Header) を作成する方法について解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

CSVファイルにヘッダ(Header) を作成する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

CSVファイルのヘッダ(Header)とは

アプリケーションでは、Rawデータ(生データ)や集計結果として、CSVファイルを生成するケースが多々あります。

その際、1行目に出力される、カラムの名前などが入った行を、ヘッダ行と呼びます。

名前 年齢
煌木太郎 22

名前、年齢と書かれている行がヘッダ行です。

ヘッダ行があると、CSVファイルをExcelなどのツールで開いた際も、どのカラムが、どのデータかというのがひと目で分かりますので、とても重要な行と言えます。

 

CSVファイルにヘッダ(Header)を作成する方法

CSVファイルを作成する際、ヘッダ行を追加するためには、データベースのカラムなどを直接使用する方法もありますが、これらは英字であるため、一見するとわかりにくい表記となってしまいます。

また、1からCSVを生成する場合など、ヘッダがない状態も考えられます。

そのため、ヘッダを直接追加する方法を確認してみましょう。

使用するライブラリは、CSVライブラリです。

ヘッダを追加するために、先にヘッダ用の配列を準備し、CSVの先頭に追加します。

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

CSVファイルを1から作成し、ヘッダを追加する例を確認してみましょう。

ソースコード

require 'csv'

header = ["名前","年齢"] # ヘッダ用の配列を作成
data = [
    ["煌木太郎",22],
    ["山田一郎",22]
  ] # データ配列を準備

# CSVデータを生成する
CSV.open('sample.csv','w') do |csv|
  csv << header # ヘッダ行をCSVに追加
  data.each do |d|
    csv << d # データ行をCSVに追加
  end
end

# 生成したCSVデータを読み込む
# CSV.foreachの引数に、headers: true とつける事で、先頭行をヘッダとして認識します。
CSV.foreach("sample.csv", headers: true) do |row|
  p row.to_h
end
# 結果
# {"名前"=>"煌木太郎", "年齢"=>"22"}
# {"名前"=>"山田一郎", "年齢"=>"22"}

プログラムを実行すると、sample.csvが追加される事が分かると思います。

内容としては、

名前 年齢
煌木太郎 22
山田一郎 22

というCSVファイルが出来ており、先頭には名前、年齢、とヘッダ行が追加されている状態が確認できます。

独自のヘッダを追加したい場合などは、このような方法で追加すると良いでしょう。

 

監修してくれたメンター

中廣 誠

職種: WEBエンジニア

過去の開発実績・業務内容:
一部上場企業にて、WEBアプリケーションの受託開発、自社WEBサービス開発、自社ゲーム開発に従事
現在はフリーで活動し、ECサイト開発/運営、課題を解決するためのシステムコンサルタントなどを実施

趣味など
フリーでの活動を期に沖縄へ移住したので、海でのスキンダイビング、釣りなどを趣味にしています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。