今さら聞けない!Rubyとは【初心者向け】

プログラミング初心者向けにRubyとは何なのか詳しく解説しています。Rubyという言語の便利な点やRubyでできること、実際の書き方などをわかりやすくまとめています。これからRubyを学習しようと思っている方はぜひご覧ください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

最近よく耳にする「Ruby」とは一体どのような言語なのでしょうか?

今回はその「Ruby」の正体を解説していきたいと思います。Web系の企業でもRubyを使っているところは多いので、これからRubyを勉強してみたいという人はぜひ参考にしてみてください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

目次

 

Rubyとは

Rubyとは、まつもとゆきひろ氏により開発されたオブジェクト指向スクリプト言語です。

CやJavaといったコンパイラ言語は、プログラムを実行するためにはコンパイルという手続き(人間が書いたソースコードを機械命令に変換)を介して初めて実行ができます。

しかし、スクリプト言語はこう言った手続きが一切不要で、そのまま実行することができるため、コンパイラ言語に比べてプログラミングを手軽に行うことができます。

 

また、オブジェクト指向言語なので、すべてのデータがオブジェクトとして表現されています。

つまり継承などといったオブジェクト指向ならではの機能を使うことができます。継承をすることで書くコードの量が少なくて済み、読みやすく作業効率も上がるでしょう。

 

Rubyの名前の由来ですが、宝石の「ルビー」から来ています。

Perl(パール)という名前のプログラミング言語がありますが、宝石の真珠(パール)と読み方が同じという点で宝石の名前を取ったようです。

なぜRuby(ルビー)なのかというと、当時のまつもと氏の会社の同僚が7月生まれで、7月の誕生石がルビーだったからです。

 

[PR] プログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

Rubyでできること

Rubyを使うメリットとして一番大きいのは、Ruby on RailsというWebアプリケーションフレームワークを使うことができるということです。

Ruby on Railsを使うと、WebサイトやWebベースの業務システムを効率良く開発できると言われています。

Rubyを使っている企業は増えてきていますが、そのほとんどがRuby on Railsを使っているのでエンジニアとして活躍することも可能でしょう。

 

Rubyのインストール

Rubyでプログラムを書こうと思ったらまず、Rubyをインストールする必要があります。

手順としては、

  1. RubyInstallerダウンロードページからダウンロード(執筆時最新版Ruby2.2.4)
  2. ダウンロードしたファイルを実行し、インストール。
  3. インストールが完了したら、ターミナルコマンドプロンプトから「ruby -v」と入力し、バージョンを確認。
  4. ruby 2.2.4などと表示されれば完了です。

 

Rubyの書き方

Rubyのファイルは「.rb」という拡張子をつけることで保存されます。

実際にターミナル上にHello,world!を出力するプログラムを例に書き方を紹介したいと思います。

print("Hello,world!\n")

この一文だけで目的のプログラムを作ることができます。

他の言語では文末にセミコロンを打ちますが、Rubyではそれが必要ありません。他のプログラミング言語を少しでも学習したことがある方は、Rubyがいかにシンプルであるかが分かるかと思います。

実際にRubyを使ってみたいという方は、開発環境の構築方法も合わせてご覧ください。

 

Rubyの基本構文

Rubyでよく使う基本構文についていくつかまとめて紹介していきます。

基礎的な内容になるので、Rubyとは何かよく分からないという方でも覚えておくと今後役に立つでしょう。

if文

if文は「◯◯の場合〜〜する、△△の場合〜〜する」といった条件分岐の処理を行うことができます。「ログインできたらアカウント画面に、できなかったらエラー表示に」といった普段Webサイトを見ていると当たり前のように行なわれている処理が条件分岐なのです。

if ◯◯ then
  # ◯◯がtrueだった時の処理
else
  # ◯◯がfalseだった時の処理
end

 

for文

for文は、繰り返し処理をする際に使います。1+2+3+4+…のように手動で足していくのは面倒ですが、「1ずつ増えた数字を繰り返し足して、100まで繰り返す」といった宣言を行うことができるようになります。

for i in 1..5
  # 処理を行う式
end
  • 「i」は、変数という数字や文字を入れる箱
  • 「i in 1..5」は、iが1~5までの間繰り返しを行う

このように、iが5になるまで繰り返し処理が行われます。一つずつ処理を書いていたら面倒ですが、同じような処理を複数回行う場合はfor文を覚えておくと便利でしょう。

 

いかがでしたでしょうか。

簡単ではありますが、Rubyについて紹介をしました。

Rubyは、日本発のプログラミング言語ですので、日本語のドキュメントも多く学習しやすいはずです。ぜひこの機会に始めてみましょう。

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも8週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。RubyでWebアプリを開発したい方はご参加ください。