Laravelでbladeを使う方法【初心者向け】

初心者向けにLaravelでbladeを使う方法について解説しています。Laravelで使われるテンプレートエンジンの1つです。bladeファイルの書き方を説明し、実際にプログラムを書いているので、参考にしてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Laravelでbladeを使う方法について解説します。

Laravelで使われるテンプレートエンジンの1つなので、使い方を理解しておきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのPHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Laravelに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Laravelでbladeを使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

bladeとは

Laravelで使われるテンプレートエンジンの1つです。他のテンプレートエンジンとは異なり<?php … ?>などとビュー内にphpコードを記述することができます。

テンプレートの継承が行えることに加えて、データの表示、制御構文を専用の文法で記述することで、見通しの良いviewを作成することができます。またテンプレートはphpにコンパイルされるとのことで、高いレスポンスが期待できるようです。

 

bladeファイルの書き方

php を書いている人にとっては覚えることはあまりなく、いくつかの約束事に注意しておけばすぐに書けるかと思います。

  • ファイル名.blade.php で blade のファイルを作成
  • {{ $変数 }} でデータ出力、セミコロンはいらない
  • 制御構文はディレクティブで記述できる、@ディレクティブ名と@endディレクティブ名が基本的な対になっている。(@if … @endif、@foreach … @endforeach)
  • php 描きたい場合は <?php … ?>。ただしbladeの構文で書ける部分はそれを使った方が何をしたいか明確になる。また @php ディレクティブがあるのでどうしてもというときはこれを使いましょう。

 

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際にLaravelのviewでbladeを使ってみよう

resources/views以下にファイルを作成します。なんでもいいですがtest.blade.phpという名前でファイルを作成しましょう。中身もなんでもいいですが、とりあえず<h1>Test</h1>とでもしておきましょう。表示されたかされてないかわかるようになっていれば大丈夫です。

このファイルを呼び出すために適当なコントローラーを作成し、ルーティングしてurlでアクセスできるようにしましょう。

app/Http/Controllers以下にファイルTestController.php を作成し、次のように内容を記述しindexアクションを定義します。

<?php

namespace App\Http\Controllers;

class TestController extends Controller
{
    public function index()
    {
        return view('test');
    }
}

routes/web.phpにパスとこのコントローラーのアクションとの対応を記述します。

+ Route::get('test', 'TestController@index');

これで test.blade.php を配信する準備ができました。開発環境で試しているのであればlocalhost/testにアクセスすると画面が返ってきていることがわかるかと思います。

if,foreachを試してみましょう。ビューで使う変数をコントローラーから渡します。

- return view('test');
+ return view('test')->with([ 'nums' => range(1, 100), 'random' => rand(0, 10) ]);

 

この記事を監修してくれた方

鵜澤峻平(うさわしゅんぺい)

普現在はフリーランスのエンジニアをしていてプログラミング歴は5年目になります。普段はRails、Laravel、Node.js等を使ってWeb、モバイルアプリケーションを作成しています。開発実績としては、いくつかのWebサービス、コンシューマー向けモバイルアプリケーション、NPOサイトリニューアル、ロボット用プログラムなどがあります。

TechAcademyでメンターをはじめたのは、「プログラミングでやりたいことがある人を応援したい」、「講師と受講者が話し合って学び方を決めていく」に惹かれたからです。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではオンラインブートキャンプPHP/Laravelコースを提供しています。

PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。