Laravelでリクエストを実行する方法【初心者向け】

初心者向けにLaravelでリクエストを実装する方法について解説しています。フレームワークからPOSTやGETを扱う方法を学びましょう。リクエストを受け取るソースコードを書いているので、流れを理解しておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Laravelでリクエストを実行する方法について解説します。

POST/GETで値を受け渡す流れを実際にプログラムを書いて理解しましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのPHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Laravelに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Laravelでrequestを使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

requestとは

クライアント(Webブラウザなど)とサーバー(Webサーバー)はHTTPプロトコルで通信します。

クライアントはサーバーにリクエスト(要求)を送り、サーバーはリクエストに応じたレスポンス(応答)を返します。

HTTPプロトコルには、リクエストを実行するための方法がいくつかあり、最も一般的なのはPOSTメソッドとGETメソッドです。
HTTPリクエストは2つの部分で構成されます。リクエストに関するデータを持つヘッダーと、サーバーに処理させるデータを持つ本文です。

以降は、サーバーに処理させるデータの受渡し方法について説明します。

 

LaravelでのPOST/GETでの値の受渡し方法

リクエストにはサーバーに処理させるデータを含めることができます。

データは名前と値のペアです。例えばユーザー名なら `username=John` のような形式のデータになります。

リクエストはHTMLのフォームから送信できます。

<form method="POST(またはGET)" … >
    …
    <input type="text" name="username" value="" … >
    …
</form>

inputなどの要素でname属性にデータの名前を指定します。ユーザーの入力値はvalue属性にセットされます。

このフォームが送信されるとき、リクエストに各データが含まれます。

POSTメソッドの場合、リクエストの本文が以下のようになります。

他のデータ&username=John&他のデータ

 

GETメソッドの場合、URLに含まれるクエリ文字列が以下のようになります。

http://localhost:8000/users?他のデータ&username=John&他のデータ

また、GETメソッドのリクエストは、HTMLのリンクから送信するのが一般的です。

a要素のhref属性にURLを指定しますが、そのクエリ文字列にデータを含めておきます。

<a href="/users?他のデータ&username=John&他のデータ">…</a>

コントローラのアクションでは、Laravelのリクエストインスタンスからデータを取得します。

リクエストインスタンスは、アクションの引数で受け取ったり、ヘルパ関数request( )の呼出しにより取得できます。

 

以下のような方法で、リクエストインスタンスからデータを取得できます。

$request->all(); // 全データを連想配列で取得

$request->only([ 'username', 'password']); // 一部のデータのみを連想配列で取得
$request->except(['credit_card']); // 一部のデータのみ(指定したデータ以外)を連想配列で取得

$request->input('username'); // 個別のデータをinputメソッドにより取得
$request->username; // 個別のデータを動的プロパティにより取得
request('username'); // 個別のデータをヘルパ関数request()により取得

 

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際にLaravelでリクエストを受け取ってみよう

例として、GETメソッドのリクエストで複数のデータを受け取ってみましょう。

routes/web.phpファイルに以下のようなルートを追加します。

Route::get('/users', function () {
    $request = request(); // リクエストインスタンスを取得
    $data = $request->all(); // 全データを連想配列で取得
    return $data; // 取得した連想配列を返す(JSONに変換される)
});

ブラウザから `http://localhost:8000/users?first_name=John&last_name=Doe` にアクセスします。

以下のようにJSONが表示され、データを受け取れたことが確認できます。

{"first_name":"John","last_name":"Doe"}
この記事を監修してくれた方

杉本 隆也(すぎもとたかや)
フリーランスのアプリケーションエンジニア。

WebアプリやiOSアプリの受託開発をしながら、
TechAcademyではPHP/Laravelコースを担当しています。

開発実績: マッチングサービス、カスタマーサービス、決済ツール、SNSアプリ、音遊びアプリなど。
趣味: 二胡(を始めたい)

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではオンラインブートキャンプPHP/Laravelコースを提供しています。

PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。