PHPでfinallyを扱う方法【初心者向け】

初心者向けにPHPでfinallyを扱う方法について解説しています。例外が発生しても実行させたい処理を記述します。finallyブロックを追加することでどういった処理の流れになるのか理解しておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

PHPでfinallyを扱う方法について解説します。

例外処理を行う際にfinallyブロックで書いた処理が行われるので、どういった処理の流れになるのか理解しておきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのPHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPでfinallyを扱う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

例外処理のfinallyとは

例外処理といえばtry/catchです。

tryブロックで例外が発生する可能性がある処理を囲み、catchブロックで想定している例外が発生した場合に対してエラーハンドリングを行います。

簡単なコードで表すと以下のようになります。

// Exceptionを必ず投げる関数
function throwException() {
    throw Exception('例外発生');
}

// 例外が発生する可能性がある処理をtryで囲む
try {
    throwException();

// 想定している例外が発生した場合に対してエラーハンドリングを行う
} catch(Exception $e) {
    // 例外のメッセージを出力する
    echo $e->getMessage();  // '例外発生'と表示される
}

以上を踏まえて、try・catchと続けてfinallyと書くことで、tryブロックで例外が発生しても・しなくてもfinllyブロックで囲われた処理が行われます。

大まかな処理の流れは、以下を参考にしてみてください。

例外が発生しない場合

  1. tryブロックで囲われたコードが実行される
  2. finallyブロックで囲われたコードが実行される

例外が発生した場合

  1. tryブロックで囲われたコードが実行され、例外が発生する
  2. catchブロックで囲われたコードが実行される
  3. finallyブロックで囲われたコードが実行される

 

例外処理のfinallyの書き方

とても簡単でcatchブロックに続いてfinallyブロックを追加すれば大丈夫です。

finallyブロックはtryブロックと同様で、catchブロックのように( )で引数を取りません。

try {
    例外が起こる処理
} catch(想定している例外) {
    例外が発生した場合の処理
} finally {
    例外が発生するしないにかかわらず、必ず行う処理
}

 

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

左側で例にあげたコードに実際にfinallyを追加しました。

このコードを実行すると

try,catch,finally

の順に実行されることが出力結果から確認できると思います。

// Exceptionを必ず投げる関数
function throwException() {
    throw Exception();
}

// 例外が発生する可能性がある処理をtryで囲む
try {
    echo 'try'.PHP_EOL;
    throwException();

// 想定している例外が発生した場合に対してエラーハンドリングを行う
} catch(Exception $e) {

    // 例外のメッセージを出力する
    echo 'catch'.PHP_EOL;  // '例外発生'と表示される

} finally {
    echo 'finally'.PHP_EOL;
}

実際によく使う機会があるのはDBへの更新処理などを行う際、何かしらが原因で失敗した場合を考慮するケースです。

try {

    // DBへ接続
    $dbh = new PDO('mysql:host=localhost;dbname=test', 'ユーザ名', 'パスワード');
    // ロールバックできるようにトランザクションを張る
    $dbh->beginTransaction();

    // 更新処理を行う
    $dbh->exec(""UPDATE dessert SET name = 'hamburger'"");

    // 更新処理を行う
    $dbh->exec(""UPDATE user SET name = 'test' where id = 1"");

} catch (PDOException $e) {
    print ""エラー!: "" . $e->getMessage() . ""
"";
} finally {
    // DBの整合性を保つために、トランザクションを貼る前の状態に戻す
    $dbh->rollBack();
    $dbh = null;
}
この記事を監修してくれた方

青木 敦史(あおき あつし)
昼間は自社のWebサービスを運営している会社でフロントエンド/バックエンドを担当しているエンジニア。

Webエンジニアの経験は5年ほどです。TechAcademyではPHP/Laravelコースを担当しています。
開発実績: メイクレッスン支援アプリ / 電力自由化パッケージ / 携帯電話料金計算 / ライブチャットサービス

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではオンラインブートキャンプPHP/Laravelコースを提供しています。

PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。