書き方を解説!Javaでデータを比較する方法【初心者向け】

初心者向けにJavaでデータを比較する方法について解説しています。ここでは演算子==を使ったやり方とequals( )メソッドを使ったやり方を見ていきます。それぞれの違いと使用する場面について学習しましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

この記事では、Javaでデータを比較する方法について解説します。

実際にプログラムを書いて説明しているので、ぜひ理解しておきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

データを比較する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

データを比較する方法

Javaでふたつのデータが等しいかどうかを判定する方法は様々あるのですが、よく使われるのは以下の2つです。

  • 「==」演算子による判定
  • 「equals( )」メソッドによる判定

これらの使い分け方はとてもシンプルです。

  • 比較するデータが基本データ型の場合、「==」演算子を使う
  • 比較するデータが参照型(オブジェクト)の場合、「equals( )」メソッドを使う

「基本データ型」「参照型」という用語や考え方についてまだ理解が十分でないと感じる場合は、この記事を読む前に参考書やインターネットなどで軽く復習しておきましょう。

ちなみに冒頭で「ふたつの『データ』」と言いました。

ここでいうデータは次のいずれかであると考えてください。

  • 変数 (実際は変数に格納された値)
  • オブジェクト
  • リテラル (「10」や「’A’」「”テスト”」「null」など、ソースコード中に直接記述された値のこと)

 

実際に書いてみよう

基本データ型、参照型それぞれで、入力された値が等しいかどうかを判定するプログラムを書いてみましょう。

基本データ型

class IntEquals {
    public static void main(String[] args) {
        int a = Integer.parseInt(args[0]);
        int b = 10;

        if (a == b) {
            System.out.println("等しいです");
        } else {
            System.out.println("等しくありません");
        }
    }
}

プログラム引数で任意の数字を渡して、プログラムを実行してみましょう。

int以外の基本データ型についても、実際に値が等しいかどうかを判定するプログラムを書いてみましょう。

 

参照型 (その1)

class StringEquals {
    public static void main(String[] args) {
        String a = args[0];
        String b = "TechAcademy";

        if (a.equals(b)) {
            System.out.println("等しいです");
        } else {
            System.out.println("等しくありません");
        }
    }
}

プログラム引数で任意の文字列を渡して、プログラムを実行してみましょう。

 

参照型 (その2)

次は、正しくないプログラムの例です。

class InvalidStringEquals {
    public static void main(String[] args) {
        String a = args[0];
        String b = "TechAcademy";

        if (a == b) {
			System.out.println("等しいです");
        } else {
            System.out.println("等しくありません");
        }
    }
}

プログラム引数で「TechAcademy」を渡してプログラムを実行するとどうなるでしょうか?実際にコードを書いて試してみましょう。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

監修してくれたメンター

青柳哲夫

独立系SIerやベンチャーを経て、現在はフリーランスエンジニアとして活動しています。
PHPやJava・Rubyでの業務系Webアプリケーション開発が得意です。
TechAcademyではJavaコース・ブロックチェーンコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

また、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、Java講座を開催しています。

JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。