JavaのSystem.exitメソッドの使い方【初心者向け】

初心者向けにJavaのSystem.exitメソッドの使い方について解説しています。exitは処理を終了させるときに使用します。同じく終了処理を行うreturnとの違いと使用例についてサンプルコードを見ながら覚えていきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

この記事では、JavaのSystem.exitメソッドの使い方について解説します。

実際にプログラムを書いて説明しているので、ぜひ理解しておきましょう。

 

そもそもJavaについてよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。
 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

System.exitメソッドの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

System.exitメソッドとは

System.exitメソッドを使うと、実行中のJava仮想マシンを終了することができます。

 

System.exitメソッドの使いかた

終了値として、System.exit(0);というようにint型を引数として渡します。

通常、終了コード0は正常終了を意味します。

shell等からjavaのバッチプログラムを呼び出し、終了コードをshellに戻す場合等に利用されます。

 

returnとの違いについて

System.exitはjava自体を終了するのに対し、returnは、そのメソッドを終了します。return後もjavaの実行はそのまま続きます。

public class Sample {

  public static void main(String[] args) {

    System.out.println("method呼び出し前");
    method();
    System.out.println("method呼び出し後");

  }

  public static void method(){

    System.out.println("return");
    return;

  }
}

 

上記のコードを実行すると結果は

method呼び出し前
return
method呼び出し後

となり、returnした後にmainメソッドでの処理が継続していることが確認できます。

尚、return以降の処理の記述はコンパイルエラーとなり、できません。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

下記のコードではmainメソッドからmethodメソッドを呼び出し、その前後でメッセージを出力しています。

public class Sample {

  //System.exit前後の処理の実行を確認するコード

  public static void main(String[] args) {

    System.out.println("method呼び出し前");
    method();
    System.out.println("method呼び出し後");

  }

  public static void method(){

    System.out.println("exit前");

    //終了コード0(通常は正常終了を意味する)
    System.exit(0);
    System.out.println("exit後");

  }
}

 

実行結果

method呼び出し前
exit前

System.exit(0);の処理でJavaの実行自体が停止されるため、その後の処理は実行されません。

また、このプログラムをshellから呼び出した場合、shellには終了コード0が戻ります。

 

監修してくれたメンター

長屋雅美

独立系SIerで7年勤務後、現在はフリーのエンジニアとして自宅をオフィスとして活動しています。
JavaやC♯、shellscriptを用いた開発を主に担当し、TechAcademyではJavaコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でJavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できるオンラインブートキャンプJava講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。