JavaのSystem.exitメソッドの使い方【初心者向け】

初心者向けにJavaのSystem.exitメソッドの使い方について解説しています。exitは処理を終了させるときに使用します。同じく終了処理を行うreturnとの違いと使用例についてサンプルコードを見ながら覚えていきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

この記事では、JavaのSystem.exitメソッドの使い方について解説します。

実際にプログラムを書いて説明しているので、ぜひ理解しておきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

System.exitメソッドの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

System.exitメソッドとは

System.exitメソッドを使うと、実行中のJava仮想マシンを終了することができます。

 

System.exitメソッドの使いかた

終了値として、System.exit(0);というようにint型を引数として渡します。

通常、終了コード0は正常終了を意味します。

shell等からjavaのバッチプログラムを呼び出し、終了コードをshellに戻す場合等に利用されます。

 

returnとの違いについて

System.exitはjava自体を終了するのに対し、returnは、そのメソッドを終了します。return後もjavaの実行はそのまま続きます。

public class Sample {

  public static void main(String[] args) {

    System.out.println("method呼び出し前");
    method();
    System.out.println("method呼び出し後");

  }

  public static void method(){

    System.out.println("return");
    return;

  }
}

 

上記のコードを実行すると結果は

method呼び出し前
return
method呼び出し後

となり、returnした後にmainメソッドでの処理が継続していることが確認できます。

尚、return以降の処理の記述はコンパイルエラーとなり、できません。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

下記のコードではmainメソッドからmethodメソッドを呼び出し、その前後でメッセージを出力しています。

public class Sample {

  //System.exit前後の処理の実行を確認するコード

  public static void main(String[] args) {

    System.out.println("method呼び出し前");
    method();
    System.out.println("method呼び出し後");

  }

  public static void method(){

    System.out.println("exit前");

    //終了コード0(通常は正常終了を意味する)
    System.exit(0);
    System.out.println("exit後");

  }
}

 

実行結果

method呼び出し前
exit前

System.exit(0);の処理でJavaの実行自体が停止されるため、その後の処理は実行されません。

また、このプログラムをshellから呼び出した場合、shellには終了コード0が戻ります。

 

監修してくれたメンター

長屋雅美

独立系SIerで7年勤務後、現在はフリーのエンジニアとして自宅をオフィスとして活動しています。
JavaやC♯、shellscriptを用いた開発を主に担当し、TechAcademyではJavaコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

また、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、Java講座を開催しています。

JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。