PHPでphp_eolを使う方法【初心者向け】

初心者向けにPHPでphp_eolを使う方法について解説しています。OSや環境に依存しない改行コードを出力する方法を学びましょう。実際にソースコードを書いて説明しているので、書き方を覚えておくといざという時役立つはずです。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

PHPでphp_eolを使う方法について解説します。

環境に対応した改行コードを出力する定数なので、書き方を理解しておくと便利でしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのPHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPでphp_eolを使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

php_eolとは

PHP_EOLは実行環境のOSに対応する改行コードを出力する定数になります。

例えば、Windows環境の改行コードは 「\r\n(CRLF)」 Linux/Unix系、MacOS等の改行コードは「\n(LF)」になります。
そのため、この定数を文字列と結合することでコンソールに改行された状態で出力することができます。

ただ注意しておきたいのが、ブラウザで見た際にはPHP_EOLでは改行されません。

理由としては、php/HTMLファイルを表示する際はHTMLと認識されるため、改行コードではく「<br>」で改行されます。

よく勘違いしてしまう事があるので覚えておきましょう。

 

php_eolの書き方

書き方はとてもシンプルです。

普通の定数として扱えばよいので、改行させたい文字列に結合するだけです。

 

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

// ① 普通に改行してみましょう!
// 【出力結果】
// 1行目
// 2行目
// 3行目
echo "1行目".PHP_EOL."2行目".PHP_EOL."3行目";

// ② 実際にPHP_EOLに設定されている改行コードを特定してみましょう!
switch (PHP_EOL) {
    case "\n":
        echo 'PHP_EOLには\nが設定されています';
        break;

    case "\r\n":
        echo 'PHP_EOLには\r\nが設定されています';
        break;
    
}

 

この記事を監修してくれた方

青木 敦史(あおきあつし)
昼間は自社のWebサービスを運営している会社でフロントエンド/バックエンドを担当しているエンジニア。

Webエンジニアの経験は5年ほどです。TechAcademyではPHP/Laravelコースを担当しています。
開発実績: メイクレッスン支援アプリ / 電力自由化パッケージ / 携帯電話料金計算 / ライブチャットサービス

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではオンラインブートキャンプPHP/Laravelコースを提供しています。

PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。