Rubyのunshiftメソッドの使い方【初心者向け】

初心者向けにRubyのunshiftメソッドの使い方について解説しています。unshiftメソッドを使うことによって配列の先頭に要素を挿入することができます。配列に関する重要な操作なので基本の書き方を覚えておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

今回は配列のメソッド、unshiftについて学んでいきましょう。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

unshiftメソッドの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Rubyのunshiftメソッドとは

unshiftは配列の先頭に要素を挿入するメソッドです。

似たようなメソッドにpushがあります。pushは配列の最後尾に要素を追加しますが、unshiftは先頭に要素を追加します。

コードを書いているとpushで済むことがほとんどなのですが、たまに先頭に要素を追加したいことがあります。pushと対を成すメソッドとして覚えておくといいでしょう。

「unshiftは先頭、pushは最後尾」と覚えておきましょう。

 

unshiftメソッドの使い方

unshiftの文法は下記になります。

配列.unshift(挿入する要素)

挿入する要素は単数でも複数でも構いません。

ちなみにpushは、

配列 << 挿入する要素

と書けますが、unshiftに似たような構文は無いので注意しましょう。

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

[3,4,5].unshift(2)
=> [2, 3, 4, 5]
[3,4,5].unshift(1,2)
=> [1, 2, 3, 4, 5]

となります。

ちなみに挿入する要素に配列を指定することもできます。

[3,4,5].unshift([1,2])
=> [[1, 2], 3, 4, 5]

この場合上記のような2次元配列になるので、意図した結果にならない場合には確認し直してみましょう。

 

監修してくれたメンター

小原 幹康

小学生のときからプログラミングで遊んでいる31歳。
大手企業、ベンチャー企業のCTOなどを経て、現在はフリーランスのエンジニア。
主にC向けのWebメディアを複数持ち、広告収入で日雇いの如く暮らしている。

好きな言語:Ruby、Python、Go
好きなエディタ:emacs
好きなキーボード:Happy Hacking Keyboard 英語無刻印モデル

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。