PHPで例外処理を使う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPHPで例外処理を使う方法について解説しています。例外処理を使うと意図しない処理や値に対して例外を発生させて、例外に対応した処理ブロックへ移行させるなど柔軟に書くことが出来るようになります。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

PHPで例外処理を使う方法について解説します。

フォームから想定外の入力値が送信された場合などに、例外を発生させて警告表示を行うことなどが出来ます。

 

なお本記事は、TechAcademyのPHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPで例外処理を使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

例外処理とは

例外処理とはプログラムを書く人が想定しているエラーに対しての対応を行うことです。例えば、引数で整数を2つ受け取ってその合計値を出力する関数があったとします。

もし、”ABC”などの文字列を引数に渡された場合は、整数と文字列では正常に合計値を算出できないので関数から使用者に「引数のデータ型が間違ってるよ」とエラーを伝える必要があります。

そして使用者はその関数がある条件でエラーを発信することを把握して、そのエラーが発生した場合に行う処理を実装する必要があるのです。

 

関数から使用者にエラーを伝える方法が「例外」で、エラーが発生した場合の処理を実装することが「処理」と考えると「例外処理」がイメージしやすくなると思います。

実際の実務では、「データベースに接続する際に接続失敗した場合」「ユーザが入力した郵便番号が存在しない場合」などを起こりうるエラーと想定して、例外処理をコーディングします。

 

例外処理の書き方

上記の説明で登場した「例外」をPHPではExceptionクラスと表現します。

ある関数でエラー(例外)が発生したことを、その関数の使用者に伝える記述は下記のようにthrow句を使い、呼び出し元にException(例外)を投げます。

throw new Exception();

関数の呼び出し側ではエラー(例外)が発生しうる関数・処理に対してtry/catch句を利用して、投げられた例外を捕まえて例外(エラー)発生後の対応を実装します。

try {
    例外が発生する可能性がある関数();
} catch (Exception $e) {
    例外が発生した場合に行う処理;
}

 

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

それでは説明で登場した例の、引数の合計値を返す関数を用意してみます。

引数が数値外の場合に例外を投げる仕様にして、関数を使用する側でtry/catchを使って例外を捕まえて、例外処理を行なってみましょう!

また、今回は引数のデータ型が誤っているという内容のエラーを表したいので、不正な引数が渡されたことを意図するInvalidArgumentExceptionを利用しています。

Exceptionクラスは様々な種類が存在します。エラーの内容によって適切なExceptionクラスを利用することで、catchする際にそれぞれの例外に応じて処理を振り分けることができます。

// 2つの引数の合計値を返却する
function sum($num1, $num2) {
    // 引数が数値かを判定する
    if (is_numeric($num1) && is_numeric($num2)) {
        return $num1 + $num2;
    }

    // いずれかの引数が数値以外の場合
    throw new InvalidArgumentException('引数には数値以外を設定しないでください');
}

// 引数がどちらも正常なので 1+2 の結果である3が表示されます
echo sum(1, 2).PHP_EOL;

// 引数に数値以外を指定すると例外が発生するので、それをキャッチしてエラーメッセージを表示します
try {
    sum('ABC', 2).PHP_EOL;
} catch (InvalidArgumentException $e) {
    echo $e->getMessage().PHP_EOL;
}

 

この記事を監修してくれた方

青木 敦史(あおきあつし)
昼間は自社のWebサービスを運営している会社でフロントエンド/バックエンドを担当しているエンジニア。

Webエンジニアの経験は5年ほどです。TechAcademyではPHP/Laravelコースを担当しています。
開発実績: メイクレッスン支援アプリ / 電力自由化パッケージ / 携帯電話料金計算 / ライブチャットサービス

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではオンラインブートキャンプPHP/Laravelコースを提供しています。

PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。