PHPで配列の値の重複をチェックする方法を紹介【初心者向け】

初心者向けにPHPで配列の値の重複をチェックする方法について解説しています。値の1つを基準にしてループ処理で確認していくということも出来ますが、array_count_values関数があるのでそれを使用して確認してみます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

PHPで配列の値の重複をチェックする方法について解説します。

 

なお本記事は、TechAcademyのPHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPで配列の値の重複をチェックする方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

配列の値の重複をチェックする方法

重複をチェックする方法はいくつか考えられます。

最初に思いつく方法としては、値を昇順か降順にソートしてループで同じ値が連続しているか確認する方法です。その他に値をキーにして出現回数を数える方法も考えられます。

PHPには値の出現回数を数えるarray_count_values( )関数がありますので、後者のやり方が最適と思われます。

array_count_values( ) 関数は値をキーにして出現回数を値にした配列を作ります。作成された配列に2以上の値があれば重複していることになります。

2以上の値を含むかどうかを調べる方法はループで各配列要素の値を判定する方法が考えられます。

またmax( )関数で最大値を求めて確認することもできます。最大値が1のときは重複はないことになります。1ではない場合は重複があると判定できます。

array_count_values( )関数の性質上、出現回数が0の場合は配列要素が作られないため、値が1未満になる可能性はありません。
その為、これだけで判定可能となります。

実際に書いてみよう

<?php

function checkSimilar(array $list):string
{
    $value_count = array_count_values($list); // 各値の出現回数を数える
    $max = max($value_count); // 最大の出現回数を取得する
    if ($max == 1) {
        return '重複していない';
    } else {
        return '重複している';
    }
}

$list1 = [
    'みかん',
    'りんご',
    'ぶどう',
    'りんご',
    'なし',
    'いちご',
];

$list2 = [
    '電車',
    'バス',
    '飛行機',
    '船',
];

echo '$list1 は', checkSimilar($list1), PHP_EOL;
echo '$list2 は', checkSimilar($list2), PHP_EOL;

 

実行結果

$ php check_similar.php
$list1 は重複している
$list2 は重複していない

 

この記事を監修してくれた方

大網 清和(おおあみきよかず )
現在は派遣スタッフとして Laravel で大手ポータルサイトの開発業務をしています。

プログラム歴は長く中学生の頃から始めて35年くらいになります。古くは BASIC、C、COBOLなどを経験し SQL を集中的に使っていた時期もあります。
Web の開発はまだ2年位とあまり長くは無いですが、プログラミングの楽しさを伝えられたら良いなと思っています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではオンラインブートキャンプPHP/Laravelコースを提供しています。

PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。