RubyのRakeライブラリについて現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyのRakeライブラリについて解説しています。Rakeはビルドツールのひとつで、定義したタスクを実行することができます。rakeコマンドの使い方と書き方、使用例を見ていきましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

RubyのRakeライブラリについて解説します。

 
そもそもRubyについてよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプRuby講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Rakeライブラリについて詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Rakeライブラリとは

Linux環境でにおけるビルドツールとしてmakeがありますが、実はRubyにおいてもこビルドツールがあります。

それがRakeです。Rakeを使うとRakefileに一連の処理として定義されたタスクを

実行することができます。

 

rakeコマンドの使い方

rakeコマンドの使い方としては

 

rake タスク名

 

で実行することができます。

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

Rakeファイルの書き方

Rakefileの書き方としてはRakefileに

 

task :実行タスク名 do

処理

end

 

のような書き方をします。

また、そのタスクの説明をするためにdescメソッドを使うこともできます。

 

desc 'タスクの説明'

task :実行タスク名 do

処理

end

 

実際に書いてみよう

それでは実際に書いてみましょう。Rakefileに以下のコードを書いてみましょう。

 

desc '新型ロマンスカーGSEについて'
task :limited_express do
  puts "新型GSEだ!!"
end

 

以下のコマンドを実行してみましょう!!

 

$ rake  limited_express

#=> 新型GSEだ!!

 

このようにタスクが実行されましたね。上記のコードではdescメソッドを使っていますので、タスク一覧を説明付きで表示することもできます。

 

以下のコマンドを実行してみてください。

 

$ rake  -T

#=>  rake limited_express  # ロマンスカーGSEについて

 

このように説明付きで表示されると思います。

今回はRakeについて紹介しました。ご参考になれば幸いです。

 

筆者プロフィール

町田 耕

学生時代は会計学専攻。塾講師勤務を経て、企業のCFOとして会社経営に携わる。

会社経営から一線を退いた後、インフラエンジニアの妻の勧めでプログラミングを

独学で始め、プログラミングセミナーなど転々としながら、開発案件に携わるようになる。

現在、フリーランスとして活動しながらテックアカデミーのメンターも勤めている。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でRuby on Railsを使ったプログラミングを習得できるオンラインブートキャンプRuby講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。