Rubyのpushメソッドの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyのpushメソッドの使い方について解説しています。これは配列の末尾に要素を追加するものです。破壊的メソッドの仕組みについて、サンプルコードで確認しましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Rubyのpushメソッドの使い方について解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

pushメソッドの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

pushメソッドとは

今回はRubyのpushメソッドについて紹介いたします。

pushメソッドは配列の末尾に引数を要素として追加するメソッドです。引数は複数指定することもでき、その場合は指定した順番に配列に追加されることとなります。

このメソッドはレシーバーであるオブジェクトを変更してしまう破壊的メソッドとなります。

Rubyでは基本的に破壊的メソッドの場合、メソッドに!をつける場合が多いのですが、pushメソッドは!がついていないのに破壊的メソッドとなります。

 

pushメソッドの使い方

pushメソッドの使い方としては、オブジェクト.push(“要素”)と書くことによって、その要素が配列の末尾に追加されます。上記でも書きましたが、追加する要素は複数でも構いません。

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

それでは実際に書いてみましょう。以下のコードを見てください。

 

a = ["GSE", "MSE", "EXE", "VSE"]
p a.push("EXEα")
#=> ["GSE", "MSE", "EXE", "VSE", "EXEα"]
p a
#=> ["GSE", "MSE", "EXE", "VSE", "EXEα"]

 

配列 a にpushメソッドで”EXEα”を追加していますね。結果として末尾に”EXEα”が追加されているのが確認できたと思います。

そこで気になる点として、aという配列をpメソッドで表示すると”EXEα”がそのまま追加されていることが確認できるかと思います。

つまり、ここでは、pushメソッドによって配列aそのものが、変更されてしまったということとなります。

これがpushメソッドが破壊的メソッドと言われる理由となります。

 

筆者プロフィール

町田 耕

学生時代は会計学専攻。塾講師勤務を経て、企業のCFOとして会社経営に携わる。

会社経営から一線を退いた後、インフラエンジニアの妻の勧めでプログラミングを

独学で始め、プログラミングセミナーなど転々としながら、開発案件に携わるようになる。

現在、フリーランスとして活動しながらテックアカデミーのメンターも勤めている。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。