Rubyのexitでプログラムの処理を終了する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyのexitでプログラムの処理を終了する方法について解説しています。exitはその時点でプログラムを終了させる命令文になります。似たようなものに関数から抜け出すreturnや例外処理だけを実行するexit!があります。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Rubyのexitでプログラムの処理を終了する方法について解説します。

 
そもそもRubyについてよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプRuby講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

exitでプログラムの処理を終了する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

exitとは

exitはプログラムの処理の実行を止める場合に使います。

似たようなものにexit!やreturnがあります。exit! はプログラムを処理の実行を止めるという点でexitとは同じですが、exitの場合は例外処理がある場合はプログラムの処理は続行してくれます。しかし、exit!の場合は例外処理など一切関係なく即座にプログラムの処理が終了するという点で違いがあります。

また、returnですが、こちらはメソッドの処理の中でそのメソッドから抜けるときに使うものであってexitはプログラムの処理を終了させてしまうという点で異なっています。

 

exitでプログラムの処理を終了する方法

exitは例えばメソッドの中でexitが実行された時点でプログラムが終了してしまい、その後のプログラムは例外処理を除き、終了してしまいます。

したがって、exitでプログラムを終了させたければそのプログラム上のプログラムの実行を終了させたいとするところでexitを書けば、そのexitが書かれた時点でプログラムの実行が例外処理を除き終了することとなります。

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

それでは実際に書いてみましょう!!

 

def call(n)
  if  n > 10
    puts "10より大きい"
  else
    puts "10以下です"
  end
end
call(100)
call(5)
#=>
10より大きい
10以下です。

 

では、このように実行されるプログラムにexitを入れてみましょう!!

 

def call(n)
  if  n > 10
    puts "10より大きい"
  else

    exit
    puts "10以下です"
  end
end
call(100)
call(5)
#=>
10より大きい

 

10よりも大きい引数を入れてプログラムを実行した時はプログラムが実行されますが、call(5)のように10以下の数字を引数に入れた場合はelse以下が実行されますのでexitにより直ちにプログラムの処理が終了してしまいます。

したがって、puts以下の”10以下です” は実行されませんでした。

 

監修してくれたメンター

町田耕

大学卒業後、塾の数学科講師として数年間勤めた後、会社の経営に携わる。

会社経営時代は主に財務関係が中心に担当していたが、インフラエンジニアの妻の勧めもありプログラミングを独学で学び始める。プログラミングのセミナーなど数多く受け、IT関連の受託開発会社に勤めた後、ITシステム開発会社を設立。

現在、システムの請負としての業務を行う傍らテックアカデミーのRuby on Railsのメンターも勤めている。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でRuby on Railsを使ったプログラミングを習得できるオンラインブートキャンプRuby講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。