Rubyの例外処理の方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyの例外処理の方法について現役エンジニアが解説しています。例外処理とは、例外が発生した場合にそのブロックの処理を飛ばし適切なメッセージを表示したりすることです。Rubyではbegin、rescue文で例外を書きます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Rubyの例外処理の方法について解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Rubyの例外処理の方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Rubyの例外処理とは

例外処理とは、自分が書いたプログラムや、ライブラリ内でエラーが発生したことを検出して、エラーに対して適切な処理を行うことです。

エラーが発生した場合、エラー発生箇所から例外オブジェクトが呼び出し元まで送られてきます。このときに、何もしなければプログラムの実行が停止します。

例外処理を行うことで、エラーの種類ごとに適切な処理(エラー発生を画面上で通知する、メールで知らせるなど)を行って、プログラム実行を継続することができます。例外の捕捉にはbegin~rescue~endを用います。

また、ユーザが入力したデータが想定と異なる(数値を期待していたのに、文字列が入力された、など)場合には、raiseを使って例外オブジェクトを呼び出し元に送ることができます。

 

raiseとは

例外を発生させるメソッドです。raise実行箇所より後の処理は行われずに、呼び出し元に例外発生を通知します。引数に何も指定しない場合にはStandardErrorという種類の例外が発生します。

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

beginとは

例外を捕捉するための制御構文です。プログラム実行中に発生した例外を捕捉して、エラー発生時の処理を作ることができます。

beginの書き方

begin~rescueの部分に通常時の処理を、rescue~endの部分にエラー発生時の処理を書きます。

begin
通常処理1
通常処理2
...
rescue
エラー時処理1
エラー時処理2
...
end

rescue節は複数書くことができ、例外の種類ごとに処理を分けることができます。

begin
...
rescue RuntimeError
...
rescue ZeroDivisionError
...
end

また、例外を変数に格納することもできます。

begin
...
rescue => e
...
end

 

実際に書いてみよう

6個のりんごを余りなく複数人で山分けするプログラムを考えてみます。

文字列に対してto_iを行うと0となり、0で割るとZeroDivisionErrorという例外が発生します。また、余りなく山分けしたいため、割り切れない場合にはraiseでRuntimeErrorという例外を発生させています。

 

puts "6個のりんごを山分けします。山分けする人数を入力してください。"
num = gets.to_i
begin
if 6 % num != 0
raise RuntimeError, "山分けできません"
end
yourNum = 6 / num
puts "山分けすると1人#{6/num}個です"
rescue => e
puts "1人以上の人数を数値で入力してください"
puts "例外は #{e} です"
end

 

筆者プロフィール

メンター稲員さん

フリーランスエンジニア。
大手SEからフリーランスのWeb系エンジニアにジョブチェンジ。

経験言語:Ruby、Rails、Python、C/C++、Java、Perl、HTML/CSS3、JavaScript、CoffeeScript,Node.js。
おうち大好きマンです。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。