PHPのfilter_inputメソッドの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPHPのfilter_inputメソッドの使い方について解説しています。filter_inputメソッドは、値がセットされているかどうか、セットされていなければ、nullを代入するという書き方をすることが出来ます。また、スーパーグローバル変数に直接アクセスする必要もなくなりコードの見通しがよくなります。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

今回は、PHPのfilter_inputメソッドの使い方について解説します。実際のコードをもとに解説していきますので、理解を深めていきましょう。

なお本記事は、TechAcademyのPHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPのfilter_inputメソッドの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

PHPのfilter_inputメソッドとは

PHPで利用するfilter_inputメソッドは、指定した名称の値をフィルタリングする処理を行うことが可能です。フィルタリングというのは、目的の値が正しいものか調査することを意味します。

filter_inputを利用すると、指定した名称の値を取得しつつ、バリデーションとも呼ばれるフィルタリング処理を行うことが可能です。

これは、値をフィルターに通して、正しいかどうかを判断するイメージです。実際に利用する場合は、ユーザが入力した値が正しいものかを調査する処理などで利用します。

 

filter_inputメソッドの使い方

 

文法

filter_input ( 型 , 変数名, フィルタ, オプション);

 

解説

filter_input ()と、括弧で囲んだ中にフィルタリングする値などを記載します。

型には、フィルタリングする対象の型を記載します。型には、INPUT_GET、INPUT_POST、 INPUT_COOKIE、INPUT_SERVER、INPUT_ENV があります。

変数名には、フィルタリングする値を取得する変数の名前を記載します。

フィルタには、適用するフィルタのIDを記載します。省略することが可能です。省略するとFILTER_DEFAULTが自動的に適用されます。

適用可能なフィルタはこちらの記事を参考にして頂けると良いです。

オプションは、連想配列などを利用して更に詳しいフィルタリングを行うことが可能です。

 

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

サンプルコード

<?php
$email = filter_input(INPUT_POST, 'email', FILTER_VALIDATE_EMAIL));
var_dump($email);
?>

 

表示結果

x

POSTされた値が、test@test.comの場合。

string(13) "test@test.com"

 

POSTされた値が、testの場合。

bool(false)

 

解説

前提としてPOST処理されたemailという変数がある状態で使用します。

<?phpでは、PHPプログラムを開始するということを宣言しています。

filter_input()で囲むことで、filter_inputメソッドを利用可能になります。

INPUT_POSTを指定することで、POST送信されている値を処理することを意味します。

emailを指定することで、変数名がemailのものを処理することを意味します。

FILTER_VALIDATE_EMAILを指定することで、値がe-mailアドレスであるかのフィルタリングを行います。

その結果を変数emailに代入しています。

最後に、var_dumpメソッドを利用して、変数emailの中身を表示しています。

POSTされた値が、test@test.comの場合。string(13) “test@test.com”と表示されます。つまり、e-mailアドレスとして正しいということも意味しています。

POSTされた値が、testの場合。bool(false)と表示されることで、e-mailアドレスとしては正しくないことを意味します。

?>の行は省略可能です。PHPの処理が終了することを意味しています。

 

今回は、PHPのfilter_inputメソッドの使い方について解説しました。

 

筆者プロフィール

この記事を監修してくれた方

中本賢吾(なかもとけんご)

アジマッチ有限会社 代表取締役社長

開発実績:PHPフレームワークを利用した会員制SNS・ネットショップ構築、AWSや専用サーバー下でLinuxを使用したセキュアな環境構築、人工知能を利用したシステム開発、店舗検索スマホアプリ開発など。

地域の職業プログラマー育成活動では、小学生がオリジナルAndroidアプリをGooglePlayでリリース、NHK Whyプログラミング入賞、全国Programing Festival入賞。ゲームで遊ぶより作ろうぜ!を合言葉に、小学生でも起業できる技術力を育成可能で有ることを証明し続けている。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではオンラインブートキャンプPHP/Laravelコースを提供しています。

PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。