Pythonのfromの基本的な使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonのfromの基本的な使い方について解説しています。importはモジュールを読み込むための命令文ですが、fromを使うと一部のクラスやメソッド、ファイルを読み込むことが出来ます。またクラス名を書く必要がなくなります。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonのfromの基本的な使い方について解説します。

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonのfromの基本的な使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

fromとは

あるモジュールから一部だけをインポートしたいときに使用します。
mathモジュールの sin, cos, tan関数のみをインポート、という使い方ができます。

またimport math だと、使用するときに math.sinやmath.cosのように、モジュール名.関数名と書く必要がありますが、fromでインポートすると直接sinやcosのように書けます。

 

importとは

モジュール全体を読み込みたいときに使用します。import mathとすることで、mathモジュールのすべての関数などが使えるようになります。

関数などを使用する際には、math.sinのように書く必要があります。
 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

基本的な書き方

from <モジュール名> import <インポート対象>

 
のように書きます。複数まとめてインポートする場合は、カンマ(,) で区切って記述します。
 

実際に書いてみよう

mathモジュールから三角関数に関するものを読み込んで、計算してみましょう。sin, cos, tanの引数はラジアンなので、角度からラジアンに変換するradiansも一緒にインポートしています。

 

from math import sin, cos, tan, radians
sin90 = sin(radians(90))
cos180 = cos(radians(180))
tan45 = tan(radians(45))

 

監修してくれたメンター

メンター稲員さん

フリーランスエンジニア。
大手SEからフリーランスのWeb系エンジニアにジョブチェンジ。

経験言語:Ruby, Rails, Python, C/C++, Java, Perl, HTML/CSS3, JavaScript, CoffeeScript, Node.js
おうち大好きマンです。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でPythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプPython講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。