Railsのcreateの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRailsのcreateの使い方について現役エンジニアが解説しています。Railsのcreateはモデルを生成し、データベースに保存します。newの場合は、オブジェクトを生成するだけでデータベースには保存されません。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Railsのcreateの使い方について解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Railsのcreateの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

createとは

Railsのcreateは、モデルの生成と保存を同時に行うメソッドです。

 

createの使い方(モデルを生成後に保存)

createは、モデルの生成から保存をひとまとめに実行するメソッドなので、保存したい属性(カラム)をすべて引数で渡す必要があります。正常に保存までできたら trueが、そうでない場合にはfalseが返ってきます。

createを使わない場合だと、newでモデルを生成してsaveで保存という方法が一般的かと思います。この方法だとnewの戻り値で生成したインスタンスを受け取ることができるので、生成したインスタンスを使って何か処理を行いたいという場合にはnewとsaveを使うのも良いでしょう。

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

まずはcreateを使わずにモデルを生成・保存する方法を見てみましょう。

createを使わない場合

newでモデルを生成してsaveで保存しています。

 

user = User.new(name: "taro")
user.age = 18
user.save

 

createの場合

createの場合、newとsaveで2行必要だったのが、1行で書けて簡潔ですね。

 

result = User.create(name: "taro", age: 18)

 

筆者プロフィール

メンター稲員さん

フリーランスエンジニア。
大手SEからフリーランスのWeb系エンジニアにジョブチェンジ。

経験言語:Ruby、Rails、Python、C/C++、Java、Perl、HTML/CSS3、JavaScript、CoffeeScript,Node.js。

おうち大好きマンです。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。