Pythonでコマンドを実行する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonでコマンドを実行する方法について現役エンジニアが解説しています。コマンドはOSに命令を出す仕組みのことです。Pythonでコマンドを実行するには、subprocess.run関数を実行し、CompletedProcessオブジェクトを操作して実現します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonでコマンドを実行する方法について解説します。

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonでコマンドを実行する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

コマンドとは

コンピュータにおけるコマンドとは、OS(オペレーティングシステム)に指示を出したり、逆に情報を取り出したりするための命令文字列です。

目的や用途に応じて多数のコマンドがあります。オプションや引数を与えることで、挙動の変化するものも多数あります。
 

コマンドを実行する方法

コマンドを実行するには、通常CLI(コマンドラインインターフェース)環境を用います。

Windowsではコマンドプロンプト、UNIX(Mac含む)ではシェルが標準で用意されています。

Windowsでdateコマンドを実行する例がこちら。

 

C:\>date /t
2019/06/17

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

subprocessモジュールの使い方

以下のように subprocess.run関数を呼び出します。

run関数は引数で指定されたコマンドを実行し、CompletedProcessオブジェクトを返します。
CompletedProcessオブジェクトにアクセスすると、コマンドの終了コードや、出力内容を取得できます。

詳細は公式のリファレンスを参照してください。
 

completed = subprocess.run(['command', 'argument']) # commandがコマンド、argumentが引数。必要なだけ並べる。

 

実際に書いてみよう

サンプルコード

import subprocess

result = subprocess.run(['date'], stdout=subprocess.PIPE)
print(result.returncode)
print(result.stdout)

 

実行結果

0
b’Mon Jun 17 02:23:18 UTC 2019\n’
 

解説

1行目でsubprocessモジュールをインポートしました。
3行目でrun関数を呼び出しました。実行したコマンドはdateです。また、実行結果を取得するため、stdoutキーワードを指定しました。
4行目でコマンドの終了コードを表示しました。成功のため0でした。
5行目でコマンドの出力結果を表示しました。

 

監修してくれたメンター

橋本紘希

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でPythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプPython講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。