JavaのHashSetクラスの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaのHashSetクラスの使い方について解説しています。これは要素の集合のひとつで、要素の重複を不可とするものです。クラスの特徴と使い方を見ていきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

JavaのHashSetクラスの使い方について解説します。実際にプログラムを書いて説明しているので、ぜひ理解しておきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのJava講座の内容をもとに作成しています。

 

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

HashSetクラスの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

HashSetクラスとは

java.util.HashSetクラスはCollectionインターフェースを実装したクラスで、要素の集まりを扱います。以下の特徴があります。

  1. 要素としてnullを格納することができる。
  2. 要素の重複不可(同じ名言いようの要素を複数格納することはできません)
  3. 要素の取得順は保証されない(格納した順番など、なんらかの順で取得できるわけではありません)

 

HashSetクラスの使い方

下記のようにインスタンス化してから利用します。

public class SampleClass {

  public static void main(String[] args) {

    HashSet hs = new HashSet();

  }

}

セットへの要素追加

public boolean add(E e)

引数で指定した要素をセットへ追加しますが、セットに既に同じ要素が存在する場合は追加が行われません。又、戻り値として要素の追加が行われなかった場合はfalse、(同じ要素が既にセット内に存在せず)要素の追加が行われた場合はtrueを返却します。

セットからの要素の削除

public boolean remove(Object o)

引数で指定した要素をセットから削除します。削除をすれば戻り値がtrue、指定した要素がセット内に存在しなければ戻り値はfalseとなります。セットの全要素の削除

public void clear()

セット内の要素を全て削除します。こもメソッド実行後にセットは空となります。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

import java.util.HashSet;

public class SampleClass {

  public static void main(String[] args) {

    HashSet hs = new HashSet();

    System.out.println("→HashSetの中身"+hs);

    System.out.println("哺乳類を追加");
    hs.add("哺乳類");

    System.out.println("→HashSetの中身"+hs);

    System.out.println("爬虫類を追加");
    hs.add("爬虫類");

    System.out.println("→HashSetの中身"+hs);

    System.out.println("両生類を追加");
    hs.add("両生類");

    System.out.println("→HashSetの中身"+hs);

    //既に追加済みの哺乳類を追加する
    System.out.println("もう一度哺乳類を追加");
    hs.add("哺乳類");

    System.out.println("→HashSetの中身"+hs);

    System.out.println("爬虫類を削除");
    hs.remove("爬虫類");

    System.out.println("→HashSetの中身"+hs);

    System.out.println("HashSetの内容をクリア");
    hs.clear();

    System.out.println("→HashSetの中身"+hs);



  }



}

HashSetオブジェクトに対し要素を追加、削除しながら内容の遷移を確認していきます。

実行結果は

→HashSetの中身[]
哺乳類を追加
→HashSetの中身[哺乳類]
爬虫類を追加
→HashSetの中身[爬虫類, 哺乳類]
両生類を追加
→HashSetの中身[爬虫類, 両生類, 哺乳類]
もう一度哺乳類を追加
→HashSetの中身[爬虫類, 両生類, 哺乳類]
爬虫類を削除
→HashSetの中身[両生類, 哺乳類]
HashSetの内容をクリア
→HashSetの中身[]

 

となります。

  • HashSet内の要素の順番が追加した順ではないこと
  • 哺乳類の追加が2回行われていますが、2回目の追加後に配列の要素の内容に変化がないこと

に注意して確認してください。

 

監修してくれたメンター

長屋雅美

独立系SIerで7年勤務後、現在はフリーのエンジニアとして自宅をオフィスとして活動しています。
JavaやC♯、shellscriptを用いた開発を主に担当し、TechAcademyではJavaコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、Java講座を開催しています。

JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。