Railsでタイムゾーンを扱う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRailsでタイムゾーンを扱う方法について現役エンジニアが解説しています。タイムゾーンというのは地域の時間のことです。Railsでタイムゾーンを設定するにはconfigのapplication.rbを変更します。タイムゾーンが違うと時間がずれたりします。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Railsでタイムゾーンを扱う方法について解説します。Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Railsでタイムゾーンを扱う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

タイムゾーンとは

日本での13:00はハワイでの18:00のように、国や地域ごとに時差というものが存在します。タイムゾーンとは、共通の時間を使うエリア一帯のことを指します。

日本で使われている時間は「日本標準時(JST)」と呼ばれており、世界の基準時刻である「グリニッジ標準時(GMT)」や「協定世界時(UTC)」と比較して+9時間の時差があるため、UTC+9やUTC+09:00などと表記されます。

ちなみにハワイでは「ハワイ標準時(HST)」が使われており、UTC-10となります。

Railsでタイムゾーンの設定、確認、取得等を行う方法

Rails のタイムゾーンはconfig/application.rbで設定できます。設定できる項目はconfig.time_zoneとconfig.active_record.default_zimezoneの2種類があります。

config.time_zoneは、Time.zone.nowや Time.currentといったTimeWithZoneに対する設定になります。”Tokyo” や “Sydney”といった都市名を設定することでタイムゾーンを変更できます。何も設定していない場合は “UTC” となります。

config.active_record.default_zimezoneは、DB レコードの読み書きに対する設定になります。
:utc と :local のどちらかを設定することができ、何も設定していない場合は :utc となります。
:local を設定した場合、DBが動作するサーバのタイムゾーンが使用されます。

タイムゾーンの確認や取得は、コンソール上でTime.zoneやTime.currentなどの結果を見るのが良いでしょう。

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

まずは rails newで新規アプリケーションを作成しましょう。

 

$ rails new timezone_check
create
create README.md
create Rakefile
...

 

コンフィグを変更せずにデフォルトのタイムゾーンを確認してみます。bundle exec rails consoleでコンソールを起動しましょう。

 

$ bundle exec rails console
Running via Spring preloader in process 77113
Loading development environment (Rails 5.2.3)
irb(main):001:0>

 

コンソールを起動したら、Time.currentやTime.zoneを実行します。UTC +00:00、@name=”UTC” となっており、デフォルトだとUTCで動作しているのがわかりますね。

 

irb(main):001:0> Time.current
=> Sat, 29 Jun 2019 07:00:14 UTC +00:00
irb(main):002:0> Time.zone
=> #<ActiveSupport::TimeZone:0x00007ff752b41cd8 @name="UTC", @utc_offset=nil, @tzinfo=#<TZInfo::DataTimezone: Etc/UTC>>

 

つづいてconfig/application.rbを変更してみましょう。コンフィグ設定箇所に以下を追記します。

 

config.time_zone = "Tokyo"
config.active_record.default_timezone = :local

 

追記したらbundle exec rails consoleでコンソールを再起動し、もう一度Time.current, Time.zoneを実行してみましょう。

UTC +09:00、@name=”Tokyo”となっており、JSTに変更できているのがわかりますね。

 

irb(main):001:0> Time.current
=> Sat, 29 Jun 2019 16:05:53 JST +09:00
irb(main):002:0> Time.zone
=> #<ActiveSupport::TimeZone:0x00007fa969331b60 @name="Tokyo", @utc_offset=nil, @tzinfo=#<TZInfo::DataTimezone: Asia/Tokyo>>

 

筆者プロフィール

メンター稲員さん

フリーランスエンジニア。
大手SEからフリーランスのWeb系エンジニアにジョブチェンジ。

経験言語:Ruby、Rails、Python、C/C++、Java、Perl、HTML/CSS3、JavaScript、CoffeeScript,Node.js。
おうち大好きマンです。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。