RubyでSQLiteを使う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyでSQLiteを使う方法について現役エンジニアが解説しています。SQLiteとは軽量でコンパクトなRDBS(リレーショナルデータベースシステム)です。RubyでSqLiteを使うにはgemでインストールし、データベースファイルを作成します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

RubyでSQLiteを使う方法について解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

RubyでSQLiteを使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

SQLiteとは

SQLiteとは軽量でコンパクトなRDBS(リレーショナルデータベースシステム)です。mysqlやpostgresと違い、サーバーなしでファイルベースで動作するという特徴を持っています。

アプリの開発環境のデータベースとして、また小規模なアプリのデータベースとしてよく使用されます。多くのスマートフォンやコンピュータに組み込まれており、幅広く利用されているデータベースでもあります。

SQLiteのインストール方法

RubyでSQLiteを使用する場合、gemでインストールします。以下のコマンドをターミナルで実行してみてください。

gem install sqlite3

これでRubyでSQLiteを使用できるようになります。

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

SQLiteを実際に使ってみよう

それでは、実際にrubyでSQLiteを使用してみましょう。基本的な使い方として、

SQLite3::Database.new 'データベース名.db'

データベースを作成します。また、以下のコードでSQL文を実行できます。

変数名.excute(sql文)

それでは実際にusersテーブルを作成して、select文でデータを引っ張ってみましょう。

require 'sqlite3'

# testというデータベースを作成
db = SQLite3::Database.new 'test.db'

# idとnameを持つusersテーブルを作成するSQL
sql = <<-SQL
  create table users (
    id integer primary key,
    name text
  );
SQL

# usersテーブルを作成する
db.execute(sql)

# テーブルにレコードを書き込む
db.execute('insert into users (name) values (?)', 'sample1')
db.execute('insert into users (name) values (?)', 'sample2')

# selectでデータを出力する
db.execute('select * from users') do |row|
  p row
end

 

実行結果は以下の通りです。

[1, “sample1”]
[2, “sample2”]

sample1とsample2が出力されていれば、成功です。

以上で解説を終わります。

 

筆者プロフィール

メンター金成さん

フリーランスエンジニア。
Railsの案件を中心に、様々なアプリケーションを開発してます。

使える言語は、ruby python go 。最近はgoにハマってます。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。