Unityのアセットストア(AssetStore)を使う方法【初心者向け】現役エンジニアが解説

Unityで【アセットストア(AssetStore)】の使い方を初心者向けに解説した記事です。AssetStoreでは、3Dモデルの素材や画像、プラグインをダウンロードできます。無料でも使えるのでぜひ利用してみましょう!

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

ゲームエンジンのUnityには、アセットストア(AssetStore)というショップがあります。

アセットストアを上手に使うと、クオリティの高いゲームを作ることができます。

今回は、Unityの初心者向けにアセットストアの使い方をご紹介します。

目次

そもそもUnityについてよく分からないという方は、Unityとは何なのかについて解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

田島悠介

今回はアセットストアの使い方を見てみようか。

大石ゆかり

田島メンター!!アセットストアって確か、素材があるところでしたよね?どこからアクセスしたらいいんですか~?

田島悠介

アセットストアはWebでも見ることができるけれど、ここではUnityから素材のインストールを行って、実際に画面に反映されるまでをやってみよう。

大石ゆかり

はい!よろしくお願いします!

 

アセットストア(AssetStore)とは

アセットストアとは、Unityで使用できる3Dモデルの素材や画像などを購入できるショップです。

このアセットストアでは、開発効率を上げるためのプラグインも扱っています。

アセットストアでダウンロードできるものは、有料が多いですが、無料で使える素材もあります。

有料素材を購入する際の支払い方法は、クレジットカードかPayPalです。

なお、入手できる各アセットのライセンスは、販売者が細かく設定している場合があります。

特に商用利用する場合は、ライセンスをよく調べてから使用しましょう。

アセットストアを使うことで、Unityをより便利に、楽しく使うことができます。

使い方を覚えておきましょう。

 

アセットストアから素材をダウンロードする

ここからは具体的にアセットストアの使い方を紹介します。

Unityをインストールしてあればすぐに使うことができます。

 

まずは、Unityのメニューの「Window」にある「AssetStore」をクリックしてください。
(画像はクリックすると拡大して表示されます。)

 

するとアセットストアのウィンドウが開きます。

画面が小さくて見づらい場合は、ウィンドウ右上の三点リーダー(縦)アイコンから「Maximize」をクリックすると全画面で表示されます。

元に戻す際は再度「Maximize」をクリックします。

 

画面中央左の「アセット」からカテゴリーを選択できます。

今回は「3D」を選択します。

画面には「3D」で絞り込みが行われた結果が表示されます。

ですが現状では数が多く、好みのアセットを見つけるのが難しいです。

 

特定のアセットを見つけるため、さらにカテゴリーを絞っていきます。

 

カテゴリー名の右横をクリックすると、さらにカテゴリーの絞り込みができます。

今回は「3D/キャラクター/ロボット」を選択してみます。

 

さらにアセットストアでは、無料のアセットに絞って検索もできます。

カテゴリーを下へスクロールしていくと、価格の絞り込みを行う場所がみつかります。

 

 

今回はUnity公式から提供されている3Dモデル「Space Robot Kyle」をダウンロードしてみましょう。

アセット一覧から以下のアイコンを探してクリックします。

 

アセットの紹介ページに移動しました。

「ダウンロード」ボタンをクリックすることでダウンロードが始まります。

 

大石ゆかり

ダウンロードしましたが、プロジェクトの画面では何もおこりませんね。

田島悠介

今度は作業中のプロジェクトに素材をインポートして、「Assets」フォルダから使用するんだ。次の手順を見てみよう。

大石ゆかり

分かりました!

 

[PR] Unityを使ったゲーム開発で挫折しない学習方法を動画で公開中

アセットストアでダウンロードしたデータを使う

ダウンロードが完了すると、「ダウンロード」ボタンが「インポート」ボタンに変わります。

「インポート」を押すことで、アセットを現在開いているプロジェクトに追加できます。

 

インポートを押すと、下の画像のウィンドウが表示されます。

これはパッケージ内のどのアセットをプロジェクトに追加するか、という選択ウィンドウです。

ほとんどのパッケージはすべてのアセットを必要とするので、デフォルト(すべてにチェックがついた状態)のまま「Import」ボタンを押します。

インポートが完了したらプロジェクトに戻りましょう。

もしアセットストアが全画面化されていている場合は、再度「Maximize」ボタンでウィンドウを元に戻しましょう。

 

「Project」ビューを見ると、「Robot Kyle」が追加されています。

さっそく中身を見てみましょう。

 

「Robot Kyle/Model/Robot Kyle」に3Dモデルを発見したので、「Scene」ビューにドラッグしてみます。
(画像はクリックで拡大できます。)

 

アセットストアからダウンロードしたフリーの3Dモデルを表示することができました。

アセットにはアニメーションは含まれていないため、キャラクターを動かすことはできません。

アセットストアには、アニメーション付きの3Dモデルも多数公開されています。

ぜひお気に入りのアセットを探してみてください。

 

今回の記事は以上です。

 

田島悠介

アセットストアの基本的な操作は以上だよ。

大石ゆかり

インストールも素材の使用も、シンプルな操作ですね。

田島悠介

キャラクターの他にも、背景や小物、アニメーションやスクリプトなど様々なものが販売、配布されているよ。

大石ゆかり

すごい!これだけでゲームができてしまいそうですね!

田島悠介

ただ、無料のアセットの中には利用範囲が限定されているものもあるから、公開する際は十分に注意するんだ。
自分だけで試しに使う場合は何の問題もないよ。

大石ゆかり

なるほど、ありがとうございます!

 

Unityを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • つまずかず「効率的に」学びたい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

Unityを学習していて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーでは、第一線で活躍する「プロのエンジニア」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたエンジニアの手厚いサポートを受けながら、はじめてでもUnityでオリジナルゲームの制作ができるようになります。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役エンジニアから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!