Unityのアセットストア(AssetStore)を使う方法【初心者向け】

Unityで【アセットストア(AssetStore)】の使い方を初心者向けに解説した記事です。AssetStoreでは、3Dモデルの素材や画像、プラグインをダウンロードできます。無料でも使えるのでぜひ利用してみましょう!

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

ソーシャルゲームの開発などでも使われる、ゲームエンジンのUnityには、アセットストア(AssetStore)というショップがあります。

今回は、Unityの初心者向けにアセットストアの使い方をご紹介します。

 

なお、本記事はTechAcademyのUnity入門オンライン講座の内容をもとにしています。

 

アセットストア(AssetStore)とは

アセットストアとは、Unityで使用できる3Dモデルの素材や画像などを購入できるショップです。このアセットストアでは、開発効率を上げるためのプラグインも扱っています。

アセットストアでダウンロードできるものは、有料が多いですが、無料で使える素材もあります。有料の素材を購入する際の支払い方法は、クレジットカードかPayPalが使えます。

なお、アセットストアではライセンスが明示されているものもあるため、よく読んでから使用してください。

 

アセットストアを使うことで、Unityをより便利に使うことができるので、使い方を覚えておきましょう。

 

 

アセットストアから素材をダウンロードする

ここからは具体的にアセットストアの使い方を紹介します。

Unityをインストールしてあればすぐに使うことができます。

 

まずは、Unityのメニューの「Window」にある「AssetStore」をクリックしてください。

(画像はクリックすると拡大して表示されます。)

 

するとアセットストアのウィンドウが開きます。

画面が小さくて見づらい場合は、ウィンドウ左上のハンバーガーアイコンから、「Maximize」をクリックすると全画面で表示されます。

元に戻す際は再度「Maximize」をクリックします。

 

 

画面の右上からカテゴリーを確認することができます。

 

カテゴリー名左の右向き三角を押すとさらにサブカテゴリーが表示されます。

今回は「3Dモデル/キャラクター/ロボット」を選択してみました。

さらにアセットストアでは、無料のアセットに絞って検索することもできます。

今回はUnity公式の3Dモデル、スペースロボットカイルをダウンロードしてみましょう。

アセット一覧からこのアイコンを探してクリックします。

アセットの紹介ページに移動しました。

「ダウンロード」ボタンをクリックすることでダウンロードが始まります。

 

[PR] Unityを使ったゲーム開発で挫折しない学習方法を動画で公開中

アセットストアでダウンロードしたデータを使う

ダウンロードが完了すると、「ダウンロード」ボタンが「インポート」ボタンに変わります。

この「インポートボタン」を押すことで、アセットを現在開いているプロジェクトに追加することができます。

初めてダウンロードが完了した際は、自動的にインポートボタンを押したときと同じ処理が始まります。

インポートボタンを押すと以下のウィンドウが表示されます。

ダウンロードしたパッケージ内のどのアセットをプロジェクトに追加するかという選択ウィンドウなのですが、

ほとんどのパッケージはすべてのアセットを必要とするので、デフォルト(すべてにチェックがついた状態)のまま「Import」ボタンを押します。

インポートが完了したらプロジェクトに戻りましょう。

もしアセットストアが全画面化されていている場合は、再度「Maximize」ボタンでウィンドウを元に戻しましょう。

「Project」ビューを見ると、「Robot Kyle」が追加されています。早速中身を見ていきましょう。

「Robot Kyle/Model/Robot Kyle」に3Dモデルを発見したので、これを「Scene」ビューにドラッグしてみます。

(画像はクリックで拡大できます。)

 

アセットストアからダウンロードしたフリーの3Dモデルを表示することができました。

このアセットにはアニメーションは含まれていないため、キャラクターを動かすことはできませんが、アニメーション付きの3Dモデルも多数公開されています。

ぜひAsset Storeでお気に入りのアセットを探してみてくださいね。

今回の記事は以上です。

この記事を監修してくれた方

中本賢吾(なかもとけんご)
アジマッチ有限会社 代表取締役社長

開発実績:PHPフレームワークによるフランチャイズ企業向け会員制SNS。Shopifyによる海外進出用大規模ネットショップ構築。Vue.jsによる金融機関向け内部アプリ。AWSやLinuxハウジングサーバーでの環境構築。人工知能を利用した画像判別システム。小売チェーン店舗用スマホアプリ。Wordpressによる不動産チェーン店向け賃貸・売買仲介システム。基幹システム移管用データコンバートシステム。

 

小学生がUnityでオリジナルAndroidアプリをGooglePlayでリリース、NHK Whyプログラミング入賞、全国Programing Festival入賞、中学生がノーコードでSNS型PWAアプリリリースなど、ボランティアプログラミング教育活動行っている。

さらにUnityの使い方を学びたい場合は、Unityの入門書も読んでみてはいかがでしょうか。

[お知らせ]TechAcademyではオリジナルゲームアプリが公開できるUnityオンラインブートキャンプを開催しています。現役Unityエンジニアのサポートで効率的に学びたい場合はご検討ください。