Pythonをsudoで実行する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonをsudoで実行する方法について現役エンジニアが解説しています。sudoとは、Linux環境でroot権限でコマンドを実行するためのコマンドです。サンプルではroot権限でしか閲覧できないファイルをPythonを使って表示しています。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonをsudoで実行する方法について解説します。

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonをsudoで実行する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

sudoとは

sudoとは、Linux環境で「root権限でコマンドを実行する」ためのコマンドです。
su(rootユーザに切り替えるコマンド) + 英語のdo、が語源です。

以下のようにコマンドを入力すると、コマンドcommandをroot権限で実行します。
 

sudo command

 
sudoでは、実行できるコマンドを制限したり、コマンド履歴を取得したりできます。rootユーザへの切り替えを禁止するが、一部root権限の必要な作業がある、といった状況でよく用いられます。
 

Pythonをsudoで実行する方法

Pythonをsudoで実行するには、sudoに続けてPythonプログラムとソースコードファイルを指定します。
sudoを使わない場合と同様に、ソースコードファイルの指定は絶対パス、相対パスのいずれでも可です。
 

sudo python script.py
sudo python /path/to/script.py

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

ソースコード

以下のソースコードファイルread_shadow.pyを作成しました。
/etc/shadow (暗号化パスワードを保存しているファイル) を表示するプログラムです。
 

with open('/etc/shadow') as f:
  print(f.read())

 

実行結果

[admin@centos7-1 ~]$ python3 read_shadow.py
Traceback (most recent call last):
  File "read_shadow.py", line 1, in 
    with open('/etc/shadow') as f:
PermissionError: [Errno 13] Permission denied: '/etc/shadow'

[admin@centos7-1 ~]$ sudo python3 read_shadow.py
bin:*:17834:0:99999:7:::
daemon:*:17834:0:99999:7:::
//(略)

 

解説

最初にsudoなし(普通のユーザ権限)で実行すると、Permission deniedというエラーになりました。
これは、/etc/shadowの読取権限がないためです。

次にsudoありで実行すると、/etc/shadowの中身を読み取れました。
これは、Pythonプログラムがroot権限で実行されたためです。

 

監修してくれたメンター

橋本紘希

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でPythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプPython講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。