JavaのListのnullチェックの方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaのListのnullチェックの方法について解説しています。複数の要素を扱うコレクションのひとつであるListの仕組みとnullチェックの方法について、サンプルコードで書き方と実行結果を確認しながら学びましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

JavaのListのnullチェックの方法について解説します。実際にプログラムを書いて説明しているので、ぜひ理解しておきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Listのnullチェックの方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Listとは

javaには複数の要素を扱うためのコレクション(Collection)インターフェースというものがあり、コレクションインターフェースの中の小分類としてSet、List、Queue、Dequeといったインターフェースが存在します。

Listインターフェースは複数の要素を順序付けて管理することができます。また、重複した要素を含むこともできます。要素は追加や削除を行うことができます。

要素を順位づけて管理、重複要素を許可、という点いおいて配列と似たものと捉えられますが、配列は初期化時に保有する要素の数を決める必要があります。要素の追加や削除はできません。

リストは下記のようにインスタンス化を行ってから利用します。

List strList = new ArrayList();

 

尚リストを利用する場合、java.util.ArrayListクラスとjava.util.Listのインポートが必要になります。

 

リストのnullチェックの方法

リストはインスタンス化を行っていない場合、中身がnullになっています。この状態でリストに対して要素の追加等なんらかの操作をしようとするとnullPointerExceptionが発生します。

リストがnullでないことを確認するには下記のようにif文で判定します

if(strList == null)

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

リストの空チェックの方法

リストのインスタンス化を行うとnullではなくなりますが、要素が何も追加されていない空の状態となります。要素が存在するかどうかはsizeメソッドを使って確認することができます。

sizeメソッドはリストが保持する要素の数を返却しますので、メソッドの返り値が0であれば空であると判定できます。

下記のようになります。

if (strList.size() == 0)

 

実際に書いてみよう

import java.util.ArrayList;
import java.util.List;

public class Sample {

  public static void main(String[] args) {

    // リストを定義(初期値null)
    System.out.println("◆リストを定義(初期値null)");
    List<String> strList = null;

    System.out.println("リストのnullチェック");
    if (strList == null) {
    System.out.println("→リストはnull");
    } else {
    System.out.println("→リストはnullではない");
    }

    // リストのインスタンスを作成
    System.out.println("◆リストのインスタンスを作成");
    strList = new ArrayList<String>();

    System.out.println("リストのnullチェック");
    if (strList == null) {
    System.out.println("→リストはnull");
    } else {
    System.out.println("→リストはnullではない");
    }

    System.out.println("リストの空チェック");
    if (strList.size() == 0) {
    System.out.println("→リストは空");
    } else {
    System.out.println("→リストは空ではない");
    }

    System.out.println("◆リストに要素を追加");
    strList.add("りんご");
    strList.add("みかん");

    System.out.println("リストの空チェック");
    if (strList.size() == 0) {
    System.out.println("→リストは空");
    } else {
    System.out.println("→リストは空ではない");
    }

  }

}

 

実行結果は

◆リストを定義(初期値null)
リストのnullチェック
→リストはnull
◆リストのインスタンスを作成
リストのnullチェック
→リストはnullではない
リストの空チェック
→リストは空
◆リストに要素を追加
リストの空チェック
→リストは空ではない

となります。

 

監修してくれたメンター

長屋雅美

独立系SIerで7年勤務後、現在はフリーのエンジニアとして自宅をオフィスとして活動しています。
JavaやC♯、shellscriptを用いた開発を主に担当し、TechAcademyではJavaコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、Java講座を開催しています。

JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。